インドネシアぶらり旅

バンドゥン日本人学校に訪問してきました。

SPONSORED LINK

Bandungschool

インドネシアのバンドゥンには日本人の子供の為の学校があります。先日宿泊したPadmaHotelのすぐ近くに学校があったのでちょっと寄り道。
突然の訪問にも関わらずいろいろ説明して頂きました。


バンドゥン日本人学校に寄った目的

今回、何故寄り道したかというと、私の妻はインドネシア人で息子が二人いるわけですが、やはり色々な経験をさせたいという思いがあります。
インドネシアの通信事情も随分よくなってきていますし、フリーランスの私はPCさえあればまぁどこでも仕事は可能なわけです。

そこで、何年かはインドネシアに留学させてみたい思いがありました。

妻の実家がバンドゥンの方にあるので、実は以前から調べていて機会があれば寄ってみたいと思っていたところに今回偶然見つけたというわけです。

 

バンドゥン日本人学校で説明を受けました

ふらっと突然立ち寄ったにも関わらず、教員の方は暖かく迎えてくれました。
残念ながら学校は休日だったので授業風景は見られませんでしたが、いつでも寄って下さいとの事でした。

さて学校の概要は

授業時間:8時10分〜16時30分
送迎は必ず保護者がする。授業内容は日本の学校の授業と全く同じ(日本で一番使われている教科書を使用)
人数が少なくても学年ごとに授業をする。

という事でした。

気になる授業料ですが

  • 入学金:300ドル
  • 幼稚園:200ドル/月
  • 小学校:300ドル/月
  • 中学校:310ドル/月

なかなかいい値段しますねw
しかし子供がまた日本に戻り、困ることなく授業を日本で再開するにはベストではないかと思います。

まぁ通常の生活においてインドネシアは物価がぐっと安くて済むので、この値段を支払っても余裕が出来るようなきがしますが、他の選択肢としてインターナショナルスクールや普通にインドネシア人の通う学校に入れるという手段もあります。

 

あとがき

住めば都なんて言葉もありますが、既に1週間程滞在してみて特に不便もなく生活を送れています。
一人で街を散策しても特に何が起こるわけでもなくw逆に「dari mana(どこへ行きたいの?)」と声をかけられます。目的がなかったので「Tidak Tau(知らないw)」と答えておきましたが、陽気な民族なのが凄くいいですね。

やはり他の国の方とは「良い所も悪い所も受け入れてしまえば楽しめる」と私は思います。だって文化なんだから腹立てても仕方ないですよねw

インドネシアは観光もそうですが、もし訪問した際には人間を見て下さい。非常に楽しめると思いますよ♪

あと滞在日数は12日あるので、ついでに借家なんかも見てみたいなぁと思っています。
バンドゥン日本人学校ホームページ

 

今回の「バンドゥン日本人学校に訪問してきました。」はいかがでしたでしょうか?もしこの記事があなたのお役に立ちましたらお友達にシェアしてあげて下さいね。

Return Top