インドネシアぶらり旅

海外出張が多い方はWi-fi端末のレンタルより購入を考えるほうが経済的

SPONSORED LINK

Wi fi01

海外に出張等で出かけることが多い方はモバイル通信に関してもいろいろと考えなくてはいけません。

勿論費用対効果もありますが、端末を購入したほうがよっぽど安く上がることが多いと思います。


SIMフリー端末を持ち込むほうが安くつく

まずSIMフリーってどういう事?海外の携帯電話会社との契約は?と言った一抹の不安があるかもしれません。

でも基本的に海外の多くの国はSIMを購入します。
日本のように固定通信料の国は逆に珍しく、SIMを購入すると容量があって、容量を超えた場合課金してチャージしてもらう、日本で言うプリペイドのうような利用になります。

私はインドネシア訪問時にはインドネシアでSIMフリーのwi-fi端末を購入しました。
過去記事:インドネシアでwi-fi端末購入!

実際の端末代は日本円で5000円程度そしてSIMのプリペイドが2000円分チャージされている状態でした。

私は滞在の20日間結構な割合でMacやiPhone・iPadを使っていたのですが、最初の2000円分を合わせて計60000円分のチャージでいけたわけですね。

これが、もしレンタルだった場合
インドネシアの場合1日が最安で980円☓20日で19600円
参考:海外旅行に行く前に調べておきたいwi-fiに関する注意点

購入なら5000円+6000円で11000円、しかもSIMフリーは日本に持ち帰っても利用できます。

次回に訪問するときには端末代が要らないので1万以内に収まります。

 

日本でSIMフリーを買うよりも現地で購入したほうがお得?

実際私が訪問した時は超円高だったのですが、今は円安になってきているので調べる必要があると思います。

しかしSIMフリーのwi-fi端末で私が購入したものと同じものをAmazonで調べてみると現在でも海外で購入したほうが安いようです。

しかしこれはWi-fi端末のお話であって、例えばスマートフォン・iPhoneなんかを海外で買うと結構な金額でインドネシアでは当時で7万円以上の値がついてましたから、Amazonの方が若干安い気がします。

 

iPhone5なら7万以上ですね。

 

海外に長期滞在もしくは年に数回訪問するかたなら思い切って購入するのもありだと思います。

なんといっても日本でも使えますからね!

 

あとがき

勿論訪問時や訪問先で一度金額の確認をしてからがいいと思いますが、購入もSIMのチャージも簡単です。

日本人が行ってもすぐに対応してくれるので、そういった事にチャレンジするのも面白いですよね。

レンタルと決めつける前に、購入も視野にいれて考えておきましょう。

 

今回の「海外出張が多い方はWi-fi端末のレンタルより購入を考えるほうが経済的」はいかがでしたでしょうか?もしこの記事があなたのお役に立ちましたらお友達にシェアしてあげて下さいね。

Return Top