iPad活用術

iCloudで同期されるAppならWi-fiも必要がなくなる!?

SPONSORED LINK

私は外出先で作業する場合iPadをほぼ持ち歩くのですが、最近はWi-fiも持ちあるかずオフライン作業が中心です。
しかしiCloud対応アプリなら全く問題ないことに気づきました。


自宅に帰った途端に同期される

iCloud対応のAppなら自宅に帰った途端に勝手にMacの同じAppに同期されます。そこには勿論ファイルの移動なんて作業は必要ありません。

まず長くwi-fiを繋いでたのですが、自分の作った資料をその場で送信するにはwi-fiが必要になりますが、大抵は自宅でレイアウトを直したりという感じでチェックします。

という事は自宅に自分がいることが前提ですよね。

外出時の隙間ワークや打ち合わせ時のメモなんかも、基本帰ってからの仕事の資料になるのなら自宅もしくは会社でオンラインになった時に同期されればいいわけです。

逆にブログの執筆などは公開を急ぐのであればwi-fiは必要だと思いますし、外出先で作成した資料を社内の誰かがすぐに確認したいというのであればwi-fiは非常に便利だと思います。

それに関してもiPhone5でテザリングが可能なので瞬間的な使い方で十分ではないかと思います。

 

私が使っているiCloud対応の仕事に使えるApp

Day One (Journal / Diary) App
カテゴリ: ライフスタイル
価格: ¥450

恐らく一番使っているAppだと思います。ブログ記事の下書きの他に打ち合わせのメモなんかにも使って記録しています。
総て時系列で並ぶのとキーワードで検索出来るのが使い回しがきいて便利です。

Keynote App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥850

プレゼンなどの資料作成に使えるAppでやりかけの資料を作成したい時に使います。基本的にはMacがメインで使うので時間の調整しだいで必要はないかもしれませんね。

Pages App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥850

特別に書き残しているPDFなどでレポート化したいライティングにはPagesを使っています。
iWorksの中では一番利用しています。

iDraw App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥800

つい先日iCloudに対応になったらアプリ。Illustratorのように使えるので便利です。特にする事がない時にお絵描きも楽しめます。

その他写真加工App

写真を編集するアプリはiPad内に保存しておけば基本的にiCloudで同期されます。iPad内に素材写真を同期させておいて見栄えをよくしたりするの非常に簡単に出来ますね。オススメはSnapSeedとLaminarかな。

 

あとがき

特にリアルタイムに拘らなければiPadを使ってオフラインでも外出時になんでも出来ますね。確かにwi-fiあると便利ですがあえてオフラインにすることで

TwitterやFacebookが気にならなくなるという利点もあるのでオススメかと思います。

今回の「iCloudで同期されるAppならWi-fiも必要がなくなる!?」はいかがでしたでしょうか?もしこの記事があなたのお役に立ちましたらお友達にシェアしてあげて下さいね。

Return Top