iPad活用術

充実してきたiPadApp「iPad画面も勢いに任せて晒します!」

SPONSORED LINK

Ipad

最近iPadAppを断捨離とまではいかないですが多く削除した @dnc_akiraです。

昨日久しぶりにiPhone画面を晒したわけですが、勢いづいてiPadの画面も晒してみよと思います。最近非常に使えるアプリが増えたので、そのあたりも合わせてご紹介します。

iPadはクリエイティブな物を中心にアプリを選び配置しています。ただ見るだけならiPhone作成するのはiPadという使い分けに徹すると多くのアプリがiPadから消えました。

参考過去記事:iPadとiPhoneの使い分けで余計な出費をなくす

 

1画面目

ipad-1

1画面目には仕事で利用するアプリや連絡等で使うアプリを中心に配置しています。

Textastic Code Editor for iPad App (¥800)・Adobe Proto販売終了・Diet Coda App (¥1,700)・OmniOutliner App (¥1,700)・するぷろ for iOS(ブログエディタ) App (¥450)等非常に使えるアプリをおいています。
Tweetbot ― 個性派Twitterクライアント (for iPad) App (¥250)なんかMacで仕事している時に起動させておいたりしても便利ですよね。

特にAdobeProtoは指でなぞってワイヤーフレームが作成できて、createveCloudからダンロードすればHTMLとCSSが吐き出されるという神アプリ!打ち合わせしながらフレームを作って帰って即コーディングって感じです。

DietCodaも使うようにしてますが、まだTextasicの方がコードを書くのも使いやすいしドロップボックス対応がたまりません。

またココでもやっぱり大活躍のLaunch+ App (¥170)です。

 

2画面目

ipad-2

画面目には残りのAppを置いている感じです。

写真加工系が多いのですが、前はReaderやらInstaPaperやら置いてたのをバッサリ削除。書籍アプリもほぼ全て削除し、取引先に見せる資料等の為にGoodReader for iPad App (¥450)を置いているくらいです。

Macのもう一つのモニターとしてのAir Display App (¥850)やMacを離れた場所で操作するSplashtop 2 – Remote Desktop App (¥850)が何気に便利ですね。

気象ライブ App (¥170)は自宅で起動させておけば綺麗だなぁって使い方です(笑)

 

まとめ

以前にも記事にしたようにMac母艦でiPhone・iPadを利用する時に、その人にあった利用方法が必ず出来てくると思います。

以前はiPhone版・iPad版と両方あるのがいいやって思ってましたが、そんなに使わないんですよね。iPhoneは管理・閲覧、iPadは作業をすると決めてしまえば不要なAppを削除することで非常に使いやすくなります。

皆さんも思い切ってプチ断捨離をiPad・iPhoneで行なってみませんか

 

今回の「充実してきたiPadApp「iPad画面も勢いに任せて晒します!」」はいかがでしたでしょうか?もしあなたのお役に立ちましたら、お友達にシェアしてあげて下さいね。

Return Top