iPad活用術

iPadでGoogleReaderを活用

SPONSORED LINK

iPad画像先日更新しましたiPhoneでGoogleReaderを活用に続きiPadで同じようにGoogleReaderを活用する方法を紹介したいと思います。

GoogleReaderとの連携で情報を入手するにはiPadはiPhone以上に便利かつ見やすいのでiPhone/iPadの両方を持っているユーザーはiPadの方だけでもいいのではないかと思います。

基本的には今回紹介するApp『Reeder』は自分がGoogleReaderに登録しているRSS情報を読み込んで表示させるソフトなのでGoogleReaderへの登録(無料)が必要になります。
過去記事⇒GoogleReaderを活用して快速ネットサーフィン

以前も紹介したように、情報入手・閲覧短縮の便利なツールなので是非登録してみましょう。
Reeder画像1
これはReederの全体画面ですが、iPhone版と同様非常にシンプル。
僕はジャンルで分けているので、ジャンルごとに仕分けされた書類のように表示されています。
ファイルを1つタップしてみると。


左が未読記事リスト、右がリストで選んでいる記事が表示されます。

ReederはiPhone版同様非常に読み込みが早く、動作は快適です。
もちろん各ソーシャルネットワークや各記事保存サービスとの連携も可能です。

実はiPhone版同様他のRSSReaderアプリもダウンロードしていたのですが、やはりこれが一番軽快に動くのかなぁと思います。
時間短縮・ちょっとした時間での閲覧目的ですから、動作の遅いアプリはイマイチですよね。

作業効率アップ・情報整理にオススメのiPad用RSSReader『Reeder for iPad』でした。

追記
Googleリーダー終了に伴い現在新規開発中です。

Return Top