iPad活用術

iPadとiPhoneの使い分けで余計な出費をなくす

SPONSORED LINK

Mac2

最近はMacとの連携を一番に考えApp選びしている @dnc_akiraです。

Mac/iPhone/iPadを使っていると全てのデバイスに対応したものと考えがちですが、それぞれの特製を生かした使い分けで無駄遣いをなくします。


基本はMAC

仕事に関するApp選びはクラウドサービスに対応したものを選ぶようにしました。iCloud対応なら言う事ないのですが、DropBoxやApp販売会社独自のクラウド・MacとSynkするものが基準になります。

外出時Macを持ち歩かなくても、iPhone・iPadで更新すればMac側でも更新されているという感じですね。
このわざわざ同期しなくて良い、またファイルを移動しなくて良いというのがスマートフォン・タブレットの使い方であり、クラウドの基本だからです。

OmniFocus App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥6,900
OmniOutliner App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥3,450

 

iPhoneに導入するアプリの性質

Iphone

iPhoneに導入するAppの性質として管理・記録するものが当たると思います。

管理するとはどういう事かと言いますと
スケジュール確認・タスク管理等自分を管理する為のAppがあたります。確認して終わったらチェックを入れるというだけのものなら、iPadのようなものは必要なくサッと取り出せて確認できるものの方が使いやすい上にスマートですね。

長くタスク管理のAppをiPadにも入れてましたが、全くと言っていい程見ませんでした。今後導入を考えている方はiPhone版だけで十分だと思います。

記録するAppは、FastEverやカメラApp等があたります。思いついたことを咄嗟に記録できるツールがiPhoneに向いています。これは長文を打つのではなく、思いついたワード・フレーズ等の単語を記録したり写真を残したりする作業です。

これまで多くのノート系アプリの導入を試みましたが、iPhoneでは殆ど使いません。簡易的なもの程スマートフォンでは使いやすいような気がします。

OmniFocus for iPhone App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥1,700

 

iPadに導入するアプリの性質

Ipad

iPadでは逆にしっかり作業できるアプリがメインになってくると思います。
iPhoneで利用しているような管理や簡易な記録アプリはiPadではほぼ私は使いません。Macを持ち歩かない時の本格的な作業をします。

日記やブログ記事のライティングをしたりコードえお書いたり、少し本格的な写真を編集したりするのはiPadが向いています。

全てクラウドで同期されれば、そのままMacで作業を引き継げますし、その逆も出来ますよね。

他にもMacで作成した資料の閲覧もiPadの方が向いています。画面が大きく見やすいと言うことと取引先に見せる事を想定するとiPhoneでは小さいと思います。移動時なんかの確認は勿論iPhoneでOKですが、Macを消した後iに自宅で確認する場合もiPadの方が断然使いやすいです。

OmniOutliner App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥1,700

 

まとめ

買わなくていいアプリまで購入する必要はないと思います。また、余計なアプリをわざわざ入れておく必要もないと思います。

仕事の内容や生活スタイルにもよりますが、自分を管理するiPhone・作業するiPadという風に考えればiPhone版・iPad版と両方買う必要はなくなりますよね。
端末の特製を考えアプリを購入すれば、もっと仕事・生活スタイルが楽に楽しくなってくるのではないでしょうか。

 

今回の「iPadとiPhoneの使い分けで余計な出費をなくす」はいかがでしたでしょうか、もしあなたのお役に立ちましたら、お友達にもシェアしてあげて下さいね。

Return Top