iPhone活用術

WindowsとiPhone・iPadで考える活用法

SPONSORED LINK

Cloud pc

私はWindowsからMacの乗り換えiCloudの登場で凄く快適に使えるようになりました。ではWindowsユーザーならどのように活用すればいいのでしょうか

様々なクラウドサービスがあるのだが

やはり連携サービスを利用するとなれば様々なサービスはあるものの外せないのはEverNoteDropBoxだと思います。

連携のしやすさという点において様々なAppが両者には対応しています。

基本Appを選び購入する時に条件としてEverNoteもしくはDropBoxへの対応で選べばiCloudを使うのと同じ感覚でiPhoneやiPadでの作業がWindowsで受け取れるようになります。

Evernote App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料
Dropbox App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料

Gmailの活用でかなり連携が強化できる

スケジュール管理・写真・デフォルトのメモAppはGmailアカウントを使って同期させちゃうのも良いかもしれません。

iPhone・iPadでカレンダーに関するスケジュール管理Appは大抵がMacだとiCalそしてGmailカレンダーにも対応しています。

またGoogle+を利用すればGoogle上に写真を保存しておくことも可能(非公開設定もアリ)なので一旦Google+に写真をアップしてWindowsPCに落としこむことも可能です。

意外と知られていないのがiOS標準AppのメモはGmailで取り込むことが可能です。詳しい方法は過去記事:Gmailを使ってiPhone・iPadテキスト同期に書いています。

ブラウザ版iCloudの活用

Icloud pc

iPhone・iPadを利用すればiCloudの無料アカウントが作成できます。(容量5G)

ブラウザを使って写真・カレンダー・メモ・リマインダーの管理も可能です。導入自体も非常に簡単ですしicloud.comのアドレスで管理できる項目も多いのでなかなか便利だと思います。

Gmailを主流で使っている方はそれほど意味は無いですが、特にこれまでGmailを使っていない方はiCloudを使うという選択肢もありです。

但し!ここで注意点
よく様々なAppでiCloud対応のものがありますが、実際Macでのみ連携できるMacApp専用のCloud対応Appは非常に多いので気をつけましょう。

ドキュメントの作成などはやはりEverNoteやDropBox連携を選ぶのがいいかと思います。

あとがき

Windowsでの連携に関しても今後記事にしていこうと思いますが、やはり同期・連携を考えAppを快適に使おうと思えば母艦はMacが良いと思います。

今後どのようにWindowsと連携していくのか、それとも全く考えていないのかは不明ですがEverNote・DropBox・Googleといった第三者の連携機能を考え上手く使っていくほかありませんね。

それにしてもWindowsでのiTunes同期のスピードって改善されたのかなぁ?

今回の「私はWindowsからMacの乗り換えiCloudの登場で凄く快適に使えるようになりました。ではWindowsユーザーならどのように活用すればいいのでしょうか」はいかがでしたでしょうか?もしこの記事があなたのお役に立ちましたらお友達にシェアしてあげて下さいね。

Return Top