ライフハック

フリーランスの私の様々なリスク解消方法

SPONSORED LINK

no-lisk

フリーランスの私はある種全く保証のない環境で生活をしています。まず全ての事を自分自身でやらないといけません。

仕事の合間で手続きや振込を行う傍らでいつも頭をよぎるのはリスクに対する事前準備。

独立以後に意識して改善していった私のリスクに対する解消方法を私自身のログとして書いておこうと思います。


収入のリスクを解消する

No lisk01

収入のリスクってなんだと思いますか?これは会社でも同じ事が言えるのですが、◯◯の下請け一つで成り立つのは非常に危険と言う事です。

収入を上手く分散させて、手広く構えないと大元が転けたら共倒れというリスクは早い段階で解消する必要があります。

大口の取引先を作らず分散させる

まず現代において流行り廃りは非常に早く、今急上昇の取引先が出来てとんでもない収入が数年のスパンで入ったとしても未来永劫ではありません。

自分の人生で考えると『あぶく銭』が入った程度なんですね。

ここまではある程度予想のきくリスクで、怖いのはそこから動けない自分自身なのです。過去の収入と言うものはなかなか頭から離れてはくれず、ついつい追いかけてしまいがちです。あたかもパチンコの呪縛から抜けられない方のように。

そこで私は一極集中しかけてた自身のやり方を大きく変えて収入先の分担を始めました。例えば20万を稼ぐのに1件から20万稼ぐのではなく5万を4件の相手に分けるといった感じです。

実際にやってみると1件で20万稼ぐほうが実は楽だったりします。打合せの回数、納期の関係、請求書を出す数とどれをとっても作業は増えます。

ただ1件から不測の事態が起こったところで16万は確保できるといったリスクヘッジは必ずやっておくべきだと思います。

アフィリエイトやSOHOを使って別収入を得る

WEBで仕事をしているからといってデザインやコーディングのお仕事ばかりする必要は全くないと私は思っています。

自宅で簡単に始められるアフィリエイト(簡単に稼げるとはいいませんw)や普段の仕事・知識を活かしてSOHOなんかも重要な収入源です。

例えば頑張ってアフィリエイトをして広告収入を月間10万稼いだとしましょう。これまでのデザインの仕事が今月少なかったという時の大きな助けになります。

またアフィリエイトは広告を使って紹介し利益を得るので、デザインなんかは全くの自由。WEB関係者が新しい感じのWEBページのデザインを試すのにも非常に役立ちます。

学習しながら上手くいけば収入が得られるというありがたいサービスです。アフィリエイトサービスは数社ありますがブロガーに人気なのは

これらを抑えておけば十分でしょう。

また最近ではSOHOといったWEBを使っての仕事受発注も飛躍的にインフラが整ったように思います。一昔前の怪しいサービスは姿を消し、誰でも出来るライティングのお仕事から本格的なWEB制作・ロゴデザイン・アプリ開発・システム開発の仕事を請ける事が出来ます。

こちらも取引先に依存しすぎない意味でもフリーを考えているなら利用したほうがいいですね。

ちょっと面白い副収入

アフィリエイト・SOHOといってもやったことが無い方は当然敷居が高いですよね。でも最近ではちょっと面白い副収入になるサービスもどんどん増えてきています。

ネットショップ運営

無料でネットショップが運営出来るサービスを私は利用していますが簡単に作成することが可能です。それがBASESTORESです。

使い方などは以前このブログでも紹介した「無料ネットショップの始め方Vol.1 「STORES」でショップを作ってみた。」・「無料ネットショップの始め方Vol.2 BASEでインドネシア雑貨のショップを作ってみた。」を見て頂ければある程度の機能はわかると思います。(記事を書いてから大分機能は増えているので各サービスで確認してください)

特にBASEにおいてはiPhoneAppもあり、その中で管理も出来るのが非常に便利です。

アプリモニターでお小遣い稼ぎ

指定されたアプリの使い心地・アンケートに答える等で1アプリ500円から貰えるというサービスもあります。

カメラを用いて実際に利用しているトコを撮影し動画を送信して完了といったお仕事なんですが、WEBカメラがない場合サービスから送ってもらえるというありがたさ!

大好きなアプリを弄ってお金が貰えるなんて凄くありがたいですね。

自分の得意なことでお小遣い稼ぎ

こちらもこれまでに幾つか紹介しています。

他にもWishScopeのようなサービスもアプリで利用できたりします。

手間をかけず簡単な内容で、時間で言えば30分程度の作業でワンコイン(500円)稼げるようなアイデアが浮かべば面白いと思います。

ここまでで、収入に関するリスクの解消について書きましたが、とにかくこれがあれば安心なんて補償は全くありません。自分を守れるのは自分だけということで取引先を増やすことは勿論ですが、収入を様々な場所から得るという体制づくりは最重要課題だと思います。

時間を取られすぎるリスクを解消する

No lisk02

フリーランスの私は気がつけば凄く長い時間を仕事に費やしていたりします。全ての仕事に対して全てを抱え込んでしまうと当然そうなりますよね。以前記事で書いているのですが「仕事は段取り8割!やることを明確化する意味」でもあるように、本当に自分がやらなくてはいけない事を明確にすると案外やることって少なくなったりするものです。

また7つの習慣でいうところの”急がないけど重要なこと”を行うためには自分の時間を空ける必要があるからです。

可能な場合は外注も考える

これは下請けでのお話ですが、下請けの下請けというはルールとしてNGです。

そういった場合は全て自分でこなす必要がありますが、例えば自身が下請けに出せる状態のお仕事の場合(制作会社を挟まず店舗から仕事をもらった場合等)は勿論先方との協議は必要ですがコーディング・イラスト作成といった個別の部分を下請けに出しちゃうということです。

また上記で書いたアフィリエイトなんかであれば、自分のメディアなんでアイデア部分をしっかりさせたら、SOHOなんかでドンドン発注しちゃうってのも1つの方法ですよね。

先々月に実際私が自分のアフィリエイトサイト用にクラウドワークスを使って発注した時の感想を以前書いています。クラウドワークスを利用してみて、率直に思ったことを書いてみる。

自分が元請けになるということはディレクションをするわけなので、最初の説明にこうやってお安くコンペをしてみませんか?といった話をクライアントにしても面白がってくれる方は以外に多いものです。

結局は制作費をいかに落としてクライアントが納得できるものを提供できるかなので、まずは相場を知っておくのも重要だと思います。

ある程度のチームを作っておく

よくフリーの方や制作会社さんと話をすると、新規開拓で仕事が取れそうな店舗への営業は積極果敢なんですが、他のデザイナーには興味無いという方は以外に多かったりします。

私は逆に人脈こそ命的に思っています。

まずは自分を知るというのが非常に大切で、やはり人間得意・不得意は必ずあります。特に不得意な部分を得意としている方に合う時には非常に燃えます。それだけでなく自分が得意な部分の方とも勿論仲良くなっておきます。そうして仮想チームを幾つか作っておくわけです。勿論相手の方もそのことは承知です。

あとは仕事を獲得した時に一人でやってしまうのか、それともチームで速攻やっつけてしまうかを考えます。複数の仕事が運良く入った時にはチームで。

全く仕事が無いぞって時には一人でやればいいだけの話で、この仕組みをまわりの方にも理解してもらえば凄く大きな利点があって、チームのメンバーからも仕事が貰えたりするわけです。

時間を取られすぎるリスクの回避だけでなく収入のリスクヘッジにもなるわけです。

検索エンジンに過度に依存するリスクを解消する

No lisk03

WEB上で集客すると言えば検索エンジンからの流入が一番多いわけですが、このブログを本格的に初めて依頼、過度に検索エンジンに依存するというメディア作りを考えなおしました。

それはWEB制作のシーンにおいても同じで、本当に重要なキーワードを探り当たりを見つけてもいつかは焼け野原なんて事も少なくありません。

それほど”ドメインエイジ“や”被リンク“なんてものは作って直ぐに自然と集まるものでもないからです。だからといってクライアントにブラックな提案をするくらいならAdwordsで広告を出すことを進めます。しかしそれ自体もWEB公開から数ヶ月経って実施します。

ここまでをWEB制作提案時に理解して貰うのが実は一番骨が折れる作業だったりします。

SEOはするが意識しすぎない

まずSEOはいらないとは言ってません。逆にめちゃくちゃ重要です!

ただ検索結果に依存し過ぎて一喜一憂してたら身が持ちません。それ程に私自身もメディアを運営していますし店舗のチェックも行っています。

何の為のアクセス解析なのかを十分に理解することが一番重要で、アクセス数が増えたけど稼げないサイトがキーワード変更でアクセス数が下がったけど販促に繋がる確率があがるなんてのはよくある話。

効果のあるキーワードを見つけた時に初めてリスティング広告の提案が始まるわけです。費用対効果も勿論考えますが大抵ここで落ち着きます。

検索エンジンは大きなアップデートだけでなく常にアルゴリズムを変えています。昨日まで上位でも圏外に吹っ飛ぶことなんて「雨に降られた程度の災害」です。

そこに依存しすぎるのは最大のリスクではないでしょうか?

ソーシャルからの集客を伸ばす提案

最近ではソーシャルが広く普及したために検索エンジンからのアクセスが無くてもソーシャルから人が流れてくる構造が出来上がっています。

実際これを逃す手はないですよね!

バズるなんて言葉が使われますが、人が興味を持つ内容で書けばドカーンとアクセスが上がったりします。しかし大抵は内容伴わずそのまま沈静化するってわけですね。

タイトルは非常に重要ですが、そのタイトルに負けない内容が確実に必要になります。というのはブロガーやWEB関係者のお話。

そんな手法普通の店舗の経営者にしてもなかなか出来ないでしょうし、ガンガン上手にやられたら逆にWEB担当なんてこの世からいらなくなります。

ただ多くの店舗を見ていて思うのが、同業者の繋がりが薄いのではないかと思うんですね。何故繋がらないんだろう。

何故かというと同業者のファンは自分のファンに一番近いと思いませんか?上記で書いたチームと同じでカフェに興味があるからスターバックスに興味があって「いいね」してるなら自分のカフェも情報共有で上手く誘導できるはずです。

例えば
スターバックスは皆が知っている有名コーヒーチェーン。勿論コーヒーの好きな方・仕事で利用しているフリーランスの方・おしゃれな店が好きな方がファンになったりするのでしょう。

そこでコーヒー店舗を営むおじさんがスタバの情報をシェアしていたらどうですか?何かの拍子でたまたまそのシェアが目につく(それはスタバの影響)。でもシェアしているのがコーヒーショップ?ってなるとスタバ好きの人の数%にはアピールできるわけです。

そこでFacebookページで提供しているコーヒーの説明・ノマドワークが出来る環境・おしゃれな店舗がアピールできれば訪問してみようと思われるはずです。

ちょっと漁夫の利を狙った作戦ですが、何も全く自分を知らない人に自分をアピールし続けなくても共感できることのシェアからファンは生まれたりするのがソーシャルなんだと思います。

まとめ-もしもの為の生き急ぎ戦略

私にしては珍しく長文で書きましたが、最近40歳になったことから「行き急ぐ」って言葉を考えるようになっています。

上記で3つのリスクヘッジを書きましたが、実はいつまで自分は健康で働き続けられるか?という不安もあったりします。勿論WEBは日進月歩であっという間に様変わりしもう10年もしたらついていけないのではないか?そんな不安がよぎったりも当然あります。

そこで最近一番思うのが「稼げるうちに稼いだれ!」ってのが凄く原動力になっています。守銭奴みたいな書き方ですが、将来の約束など全くないフリーランスだからこそ、この姿勢は重要だと思います。

小さな息子や妻に少しでも多く残せるようにというのがフリーランスの私の最大のリスクヘッジなのです。

Return Top