ライフハック

長財布を使う事と小銭を貯めこむ習慣で浪費を抑制

SPONSORED LINK

Money13

私は独立時に折りたたみの財布から長財布に変えまた小銭自体も財布の中には多くいれず殆どは貯金箱に貯金するように務めています。
そういった習慣が、気が付けば浪費を抑制する効果につながっていたのです。


長財布に変えると小銭を多く入れるのが嫌になる

まぁ感覚的な事なんですが、長財布を使っていて小銭がどんどん増え財布が分厚くなると非常に使いづらい。小銭入れ付きの物を購入したのですが最近では殆ど入れなくなりました。

長財布の最大の利点は札を金額で分けて入れる事が可能だということ、これによって所持金がすぐに把握できます。

またレシート・領収書を入れるのにも長けているのでコンビニでの買い物でもレジ前でモタモタすることがなくなります。

小銭をあまり入れないというのには理由があって、勿論財布の見てくれもありますが管理するのが面倒だというのが一番です。

そして貯金箱にドンドンたまる小銭を両替するのが非常に楽しみになってきています。

 

何故無駄使いの抑制になるのか

実際これを始めた時って、あっという間に財布の中身なくなっちゃうんでキツかったです。また最初は全ての小銭を貯金箱に入れていたのが余計に財布の中身の目減りが激しかった。

そこで私は100円玉以外は全て貯金箱に入れるというやり方に変え目減りを減らすことにしました。

そういった小銭分の目減りも段々なれてきて、買い物時にもあまり小銭が出ないよう金額を見るようになります。

金額を見るようになり買い物をすれば、手にとった要らないものを棚に返すことも増え無駄遣いの抑制になるわけです。

 

あとがき

勿論必要なものは直ぐに購入します。そして必要な物を購入するためにより要らない買い物をやめるための習慣として小銭貯金を始めたというわけです。

思った以上に小銭って貯まるの早いですし金額も大きいです。
長財布に変えお金への関心というか、これまでの接し方を変えれば無駄使い体質の抑制になると思います。

今回の「長財布を使う事と小銭を貯めこむ習慣で浪費を抑制」はいかがでしたでしょうか?もしこの記事があなたのお役に立ちましたらお友達にシェアしてあげて下さいね。

Return Top