ライフハック

皆さん体調を崩しやすい年齢ってご存知?前厄になり注意報発令中

SPONSORED LINK

Diet201301141

今年前厄ということもあって、いろいろと考えさせられあらゆる改善に取り組んでいます。ちょっと本気でダイエットにも取り組み始めました。


何故健康についていろいろ考え始めたのか

私が住んでいる市内では本厄の男性が神社の境内から餅投げをする節分祭なるものが毎年開催されています。

基本的に厄なんてことは全く気にする正確ではなかったのですが、その節分祭の運営自体に前厄・本厄・後厄の3学年が関わり、節分祭を盛り上げていく中で前厄の私の学年は準備をメインでお手伝いするわけです。

その準備の手伝いができる有志を募集するために同窓会を正月に開催しました。

25年ぶりに同級生に会い、会話も弾みましたがやはり私の変貌ぶりに、体の心配の意見が異様に多かった。

確かに現在90kg近くあるのですから学生時代から言うと40kgも太ったわけですね。昨年の健康診断の結果もあるし、ちょっとGoogleで調べてみようって事が事の発端です。

 

「約3割の人が厄年に何らかのトラブルを経験」らしい

いろいろと調べてみると、やはり体調を崩す時期として厄年があげられるようです。

厄年に何らかのトラブルを経験した人は約3割(28.2%)。女性30代では4割強(42.0%)と多い。トラブルの内容として「大病を患った」人は18人に1人(5.5%)。厄年や前厄・後厄の年に実際にあったことを聞くと、「体調を崩しやすくなった」(7.6%)、「大病を患った」(5.5%)をはじめ、厄年前後に何らかのトラブルを経験したことがある人は約3割(28.2%)にのぼる。くも膜下出血、糖尿病、関節症、骨折など、厄年に大病やけがを経験した人も少なくないようだ。

まだ小さい息子がいる私としては大病は絶対に避けたい。
これは流石にぼちぼちやりますなんて言えないレベルです。今年一番の目標を減量に設定し食事制限も始める事にしました。

 

体調の他にも金銭的にも変化を

元々お金に無頓着というか「宵越しの金は持たない」を地で行くような私も最近はコツコツと小銭も貯めていってます。

逆算で考え小学生の息子が大学入る際に入りたいと言えば行かせてやりたいですし、何より息子に何かを残してやりたいと考えるようになったからです。

勿論自分の願望もそこにはあって、最終的にはインドネシアで暮らしたいですし子供の手が離れたらまた好きな事を楽しみたいという気持ちもあります。

そんな事を考えていると毎日に凄くハリが出ますし、やる気も起きてきます。

だって数年に一度長男家族と次男家族がインドネシアに来て家族が揃うってなんか楽しくないですか?完全に妄想族ですがw

でもこういった夢を実現するには先立つものそして何より自分が健康でないといけないんだなぁと考えさせられます。

 

あとがき

完全に日記的な記事になってますが、目標を持つと言うこともモチベーションを上げると言うこと、そして仕事の効率化で生産性を上げるという事、当ブログでよく書く内容の記事の全ては健康であるからこそ出来る事であり、健康でいるということが何よりもの効率化なんだと思います。

先日TVで見た「ロングブレスダイエット」でも挑戦してみようかと考える @dnc_akiraでした。

 

Return Top