MAC活用

情報は使いやすいものにストックする。Macユーザーの私のEverNote+Thingsの使い分け

SPONSORED LINK

Evernote201301

私はほぼ毎日確実に開くアプリが幾つかありますがその中でもEverNoteとThingsはほぼ起動させたままにしています。

ソーシャル・RSSた検索して調べた事に関して、記事をストックするわけですが、全てをEverNoteに入れず重要度・内容を考慮し複数のアプリを使って管理しています。


何故EVERNOTEに全てを保存しないのか?

以前Webクリップは全てEVERNOTEに保存していたのですが、検索機能・タグが付いているとはいえ膨大に増えすぎると探すのが手間になってきます。

また情報というのはその時に新しくても最近では1年も立たずして様変わりすることが多く、あまり意味が無いなぁということに気付きました。

EverNoteのクリップは便利な反面、クリップが目的になり実際有効活用していないという事に気付いたのです。

そこで、参考になる記事の内容や即効性(直ぐに読み直したい)等を考慮して複数のアプリで管理を分けたところ非常に快適になったのです。

Macユーザーの私の情報管理方法

Macにしかない機能やアプリなのでWindowsの方はごめんなさいm(__)m。ただ、これらが便利でMacに変えてよかったとも思っています。

まず私は5つのアプリケーションを使って情報管理しています。

  • EVERNOTE
  • Things
  • 標準のメモ
  • Safari リーディングリスト
  • Reeder(RSS)

それぞれどのような情報を管理しているのかを解説していきます。

EverNoteで管理している情報

Evernote201302

EverNoteに管理するものとして生活に便利な情報、メモ、ライフログ、何年経っても使えるであろう情報、PDF他各種資料をノートにしています。

特にライフログはiftttを使って自動でノートしているので、後で見返す事も出来ますしわざわざクリップ等が必要ないのがいいです。
記事:設定5分で簡単ログ!iftttを使って自動化

自分で作成した覚えておきたい生活情報のストックには非常に便利で衣替えのシーズンや買い物時に凄く役立ちます。

このように、クリップした情報を削除しなくてもいいような生活情報、変わらない情報を入れることで整理・削除をしなくてもいいようになりました。

 

Thingsで管理している情報

Evernote201303

以前はブログ管理やアイデア等もEVERNOTEで管理していたのですが、それら仕事に関する情報等は全てThingsで管理するようにしました。

GTDとして使うので勿論レビュー情報の入れ替えはドンドン行われます。

ブログのネタになりそうな記事、作って見たいサイトネタ、目標といった数年も経たず変わってしまうもの、ある種即効性が必要なものの管理に非常に向いていると思います。

GTDに関してはこちらで書いています。
記事:仕事効率化【GTD】について初歩の導入からまとめました

ネタ・参考資料といったエリア(フォルダ)を作って管理しているのでプロジェクトが増え邪魔になるということもないですね。

勿論Things以外のAppでも可能ですし、GTDアプリ使ってないという方はこの部分はEverNoteでもいいのかなと言う気もします。

 

標準のノートはコードを中心

Evernote201304

これはWEB屋とかコードを書く人限定なのですが、EverNoteにコードをストックしていてコピー貼り付けで他のアプリで利用すると、毎行余分な改行が追加されます。

本当によく使うコードに関してはTextExpanderを使っていますが、アフィリエイトのコードやスクリプトといった稀に使うものは標準のノートで管理すればiOSの端末でも利用できますし便利です。

また標準のノートはかなり便利なことも多いので、また記事にしてみたいと思います。

 

Safari リーディングリストは気になる記事を

Evernote201305

Safariのリーディングリストには気になる記事(仕事以外でストックするまでもなさそうな記事)を入れて、読んだら削除という感じです。

Reeder(RSS)を使ってタイトルをバンバン確認し、読んでみようと思った記事はリーディングリストに一旦全入れます。

そして記事の内容を読んで、EverNote・Things・ノートへと振り分ける用にしています。

習慣としてこれを1年以上やっているのでReederでは一日1000記事以上、その中でリーディングリストに入るは多くても10記事程度です。Reederでも読んじゃいますしねw

 

あとがき

一元管理とよく言われますが、私は複数のアプリを使ってでも情報は適材適所に振り分けたほうが遥かに捗ると思います。

以前はReederからあとで読むサービスに入れてたのですが、最近はあまり使わなくなりました。
記事:仕事で使える情報のInputからOutputの流れ

EVERNOTEに何でも入れれば良いという意見も勿論ありますが、何でも入れちゃうと整理・削除が必要になる。そういった無駄な手間は極力なくすために私はこのように情報管理を変えました。基本的にiPhone・iPadと同期されいつでも見れるというのが一番重要ですけどね。

 

今回の「情報は使いやすいものにストックする。Macユーザーの私のEverNote+Thingsの使い分け。」はいかがでしたでしょうか?もしこの記事があなたのお役に立ちましたらお友達にシェアしてあげて下さいね。

Return Top