MAC活用

Macクリーンインストール前に私が行ったバックアップ等

SPONSORED LINK

Mac

Adobe製品をアンインストールしてからも何だかドライブの使用量が多いままでこれまでインストールして削除したAppの断片などもあるだろうという事で思い切ってクリーンインストールしました。

今回はクリーンインストール前に行ったバックアップ等の覚書を書いておこうと思います。


iCloudで作業は事前作業は大幅に少なくなる。

今回のクリーンインストールは一から設定をやり直す感じで事前準備を行いました。TimeMachineは使わないという事ですね。

何が便利かというと色んなAppがありますがiCloudに対応しているものはバックアップを取る必要なくMountainLionインストール時にiCloudアカウントを聞かれるので入力するだけ。

対応Appはインストールし直して起動させれば即iCloud上のファイルを利用する事が出来ます。これってめちゃくちゃ便利ですね。

 

私が事前にバックアップやメモを取ったもの

今回事前にバックアップやメモをとっておいたのは

  • iTunes
  • Safariブックマーク
  • メールアカウント
  • メッセージアカウント(Facebook設定)
  • FTP情報のメモ
  • AppStoreにないアプリケーションをダウンロード及びシリアルのメモ
  • 写真バックアップ
  • 書類内全てのバックアップ
  • クラウド非対応アプリデータバックアップ

細々アプリ名を書いてもキリがないのでザックリと書き出しましたが、メモ関係はアプリのメモに書き出しておきました。

AppStoreにないアプリケーションに関しては事前に外部ハードにダウンロードしておいて、シリアルはメモに書き出しておきました。

利用環境にもよると思いますが私は事前に何をするかを事前に全てタスク管理で書き出してちょっとした合間でぼちぼち事前準備をした感じです。

入ってたAppの名前だけでも全て書き出しておけば、後でインストールする時に忘れずにすみますね。

 

あとがき

私はアプリのレビューを書いたりしているので1年でのアプリのゴミなんて凄い量になっている気がします。まぁ消しちゃうって事は失敗が多いわけですね。

今回全てを外部に作ったので次回からクリーンインストールする時に準備がもっと短時間で出来ると思います。

何だかMacが重いと感じたら一度時間をとってクリーンインストールに挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

今回の「Macクリーンインストール前に私が行ったバックアップ等」はいかがでしたでしょうか?もしこの記事があなたのお役に立ちましたらお友達にシェアしてあげて下さいね。

Return Top