MAC活用

MountainLionクリーンインストールの覚書

SPONSORED LINK

Mac

事前準備について記事を先日書きましたが、実際クリーンインストールでの覚書を書いておきたいと思います。実際はそんなに難しいというものではないのですがバックアップファイルの復元だけ気をつければ問題ないと思います。


クリーンインストールの手順

まずはMacのデータを消去しOSを入れ直すわけですが、和洋風改ですごく丁寧に解説されていました。

あとインストール時の注意として

私もそうなんですが、iCloudとiTunesStoreのアカウントが違う方も多いと思います。OSインストール時にAppleアカウントを入力する際「二つのアカウントがある場合」というような選択肢があるのでそれを選んで登録してください。

 

その他バックアップの復元

事前準備でとって置いたバックアップを復旧していくわけですが、連絡先やカレンダー・メモなどのiCloudに対応しているものは勝手に復元されてました。

手動で復元したものリスト

  • iTunesデータ
  • Safariのブックマーク(iOSとの同期でグチャグチャだった為)
  • メールアカウント設定
  • メッセージにFaceBookメッセージ追加
  • アプリ及びデータ

アプリやデータの復元はあまり使わないものはあえて入れませんでした。
必要になれば入れればいいですし、データに関しては外付けHDDからも編集出来るので、外出時にいるものだけを戻した感じです。

 

iTunesデータ復元

事前にミュージックフォルダ内にある「iTunesフォルダ」を丸ごとバックアップしておいて、クリーンインストール後にバックしておいたファイルをミュージックフォルダ内に戻してやります。

Optionキーを押しながらiTunesを起動させると関連付けるファイルが選択出来るので戻したファイルを選んでやれば完全に復元されます。

 

Safariブックマークの復元

iOSと同期されるのですが、iOSの方がしっかり管理できていなかった場合はこの機会に合わせて同期させましょう。

事前にブックマークのバックアップをとっておきます。クリーンインストール後に設定メニューのiCloudを確認しSafariが同期になっているかチェックしてください。

同期になっていたらSafariを開き全てのブックマークを削除します。これでiOS上のブックマークもなくなります。(iPhoneで確認)
MacのSafariで事前にとっておいたバックアップを使ってブックマークを復元します。これでiOSのSafariもMacと同じブックマークになったと思います。

メールアカウントやメモは事前にとっておいたメモを見ながら復旧させました。

 

あとがき

あとは要らない言語の削除などいろいろ細々したことがありますが、私の環境では30G以上の空きが増えました。動作も何だか軽くなったように感じます。

年末まで待てずにMacの大掃除をしちゃったわけですが、年末に向けて忙しくなるので良かったと思ってます。

私のようなMac2年目の初心者でも簡単に出来ますし、次クリーンインストールする時は今回よりも楽に出来るので一度外部にしっかりとクリーンインストールようの手順・データを保管しておくと便利ですね。

 

今回の「MountainLionクリーンインストールの覚書」はいかがでしたでしょうか?もしこの記事があなたのお役に立ちましたらお友達にシェアしてあげて下さいね。

Return Top