MAC活用

EggscellentはThingsのタスクとポモドーロテクニックが連携出来るMacApp

SPONSORED LINK

Eggscellent01

Things・Omnifocusそしてリマインダーをポモドーロ・テクニックと連携させて実行出来るアプリ『Eggscellent』が私の中ではかなりのヒット!

これ思いついた人スゲーって事で今後改良して欲しいなぁと思う部分も含めてご紹介していきたいと思います。


Eggscellentの使い方

まずこのアプリはポモドーロ・テクニックを行う為のアプリです。ただそのポモドーロ・テクニックでただ単に時間を区切ってアラームを鳴らすというものではなくThings・Omnifocus・標準のリマインダーからタスクを読み込んでタスク毎にポモドーロ・テクニックが出来るわけです。

因みにポモドーロ・テクニックは25分の作業後5分休憩といった時間による仕事効率化方法です。詳しく書いている記事はこちらを参考にして下さい。

効率の良い仕事の為の時間管理【ポモドーロ・テクニック編】効率の良い仕事の為の時間管理【ポモドーロ・テクニック編】
過去記事

では早速本題に戻ってEggscellentの使い方をご紹介します。

一番最初に起動した段階でThing・Omnifocus・リマインダーのどれを読み込むのかを聞いてきます(すいませんキャプチャ取ってません)。私はThingsを選びましたが自分の使っているGTDアプリを選んでいただくと良いと思います。

また環境設定からも変更が可能になっています。
Eggscellent02

ではThingsのケースですが紹介していきます。
Eggscellent03

読み込んで表示されるタスクはThingsの「今日」の部分のタスクリストです。完了しているタスクは赤い帯で表示され、未完了のタスクは黄色い帯で表示されています。

この時Thingsではどのような状態かというと
Eggscellent04

未完了タスクの「InfoBacker」と未完了プロジェクトの「サイトPC追加」というのがちゃんと反映されているのがわかると思います。

ただここで残念なのはプロジェクトも1つのタスクとしか認識してくれないということです。誤って完了にしちゃうとThings中のプロジェクトが完了になってしまうので注意が必要です。(このプロジェクトは今後に期待ですね)

ではタスクを1つ選んでみます。

Eggscellent05
ここでどれくらいの時間がかかるのか目標設定と思って私は使ってます。残念ながら現在30分毎の追加しか出来ない状況ですので、30分で記事を書き上げるなら1つ、1時間なら+を押して2つにします。

そしてSTARTをクリックすると画面下にタイマーが表示されます。

Eggscellent06
タスクのタイトルしか表示されていませんがカーソルを当てると

Eggscellent07
このように残り時間が表示されます。他にもメニュバー上で残り時間は表示されていますがあまり時間が目につかないというのも集中して作業に当たれるのでいいと思います。

30分を経過するとたまごから「ひよこ」が生まれて知らせてくれます。
Eggscellent08

動作中のメモリの使用量を調べてみたところ1.4%程度なので問題なく利用出来ますね。
Eggscellent09

とにかくEggscellentを丸2日使ってみた結果

まぁまだ2日程度なのでとにかく使いたい衝動が勝っている状況なんですが、毎日の作業の計画を以前よりもするようになりました。

先ほどのプロジェクトを丸ごと今日に入れたのでは上手く連携出来ないことから朝目標を立てて「今日これだけの作業は終わらそう」という計画から今日やることにタスクを表示させます。

入れたタスクから逆算すればどのタスクをどのくらいの時間で終わらさないといけないかが見えてきますから、何となく煽られているかのような感覚で集中して作業ができます。

実際作業量は増えています。と言ってもまだ2日なんですが(笑)

また朝一番にThingsを開き今日やるタスクの計画をしてしまえばThingsを起動させておく必要がなくなります。わざわざThingsで見るよりも単純に今日やることだけをメニューバーのEggscellentアイコンで確認した方が迷わず作業できるような気がします。

週次レビューで1週間の毎日の作業目標が計画出来れば、Thingsを開くのですら週1回という風になればかなり価値はありますね。ポモドーロ・テクニックだけでなく余計な動作が減るというのは生産性を上げる効果があると私は思います。

Eggscellent
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料(記事公開時)

APP STORE
Return Top