MAC活用

Macの環境をiOS依存で考えると想像以上に捗る

SPONSORED LINK

Ios mac

Mac/iPad/iPhoneを使う場合iOSデバイスに依存した形でMacApp・作業環境を合わせてやるとiOSデバイスでの作業がそのままMacでも使え非常に捗ります。

今回は私のMac環境について書いてみたいと思います。


MagicTrackPad依存のススメ

私はMacを使用する時にマウスは全く使いません。MagicTrackPadを使用しているわけですが、実はMac購入時に最初からMagicTrackPadを購入しました。

LionからのMacユーザーの私はMac購入前からiPadは使用していてどうにか仕事で生かせないか考えていました。そしてWindowsからMacに変えるという決断に至ったわけですね。

そうなると環境がすごく大事、しかもMacOSXはどんどんiOSに近づきつつある傾向という情報は入っていたのでマウスの購入は考えませんでした。

慣れるまでにそれほどの時間は必要なく、むしろ指のジェスチャで切り替わる感じに感動したのを覚えています。

 

App選びはiOS依存がメイン

基本的に必要なAppがある場合iOSと連携しているか考えて購入します。

データの同期が勝手に行われるもの(iCloudもしくは独自クラウド)を購入することで、どこで作業してもMac内は最新のデータに変わっているわけですね。

WindowsでもEverNote・DropBoxを使えば勿論可能ですが、iOSとMacOSXの連携の場合はこのAppに対するデータという感じで余計なファイルは表示されません。

Appを起動すれば即最新の情報が開かれるというのは凄く理想だと私は思います。

よく私が使うMacと連携できるiPadApp

Day One (Journal / Diary) App
カテゴリ: ライフスタイル
価格: ¥450
MindNode App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥850
iDraw App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥800

 

余談:壁紙もiOSに依存

まぁ余談なんですが、Macの壁紙もiOSに合わせて現在はMac/iPad/iPhoneと同じ壁紙に設定しています。

Mac bg

これが何だか非常にしっくりくるんですね♪

因みにこのiOSの壁紙はこちらからダウンロードできます。

 

あとがき

iOSに合わせてMacを違和感なく使う事について書いてみましたが、こういったちょっとの事が作業効率に影響したりするから不思議

実際は外出時でも自宅でも環境をなるべく同じようにすることで作業効率を落とさないように心がけている感じです。

また依存型で考えるとAppの余計な出費も抑えられますし非常に快適に自宅だろうが外出先だろうが作業が進められると思います。

 

今回の「Macの環境をiOS依存で考えると想像以上に捗る」はいかがでしたでしょうか?もしこの記事があなたのお役に立ちましたらお友達にシェアしてあげて下さいね。

Return Top