MAC活用

OSX Mavericksは何と言ってもマルチディスプレイでしょ

SPONSORED LINK

Multidisplay

これまでのMacでやはりここが痒いと思っていたのはマルチディスプレイ環境で作業している時のメニューバー・ドッグのアクセスでしょう。モニター側に表示されないメニューバーってすっごく不便なんですよね。

OSX Mavericksではこれが改善されるようなので楽しみで仕方ありません。


注目機能は様々あるが1番はマルチディスプレイ

MacBook Airを母艦にディスプレイを繋いで作業している方は少なくないと思います。私はiPadもAir Displayで3つめのモニター代わりにも使うことがあります。

Air Display復活!MacBookAirとiPad第3世代で快適になったAir Display復活!MacBookAirとiPad第3世代で快適になった
過去記事

ただモニター増やしても増えなかったのがメニューバー。そしてドックの配置です。

メインモニタは勿論外部のモニタになってますし、ショートカットを覚えきれていないAppのメニューバーへの移動が苦で仕方なかった。

そこでScondberなるメニューバーを2台目のディスプレイにも表示させるアプリを使っているのですが、対応していないアプリもありますし。あくまでメニューが増えるだけでTranslate Tabなどのアイコンは表示されません。

でも無いよりは全然マシです。

そして2013WWDCにおいて発表された新MAC OSX Mavericksではマルチディスプレイが強化されるようです。

Multidisplay01

  • メニューバーとドックが2つめのモニタでも使える
  • フルスクリーンアプリがメインマシンとモニタで違うものを表示出来る
  • Mission Controlがそれぞれのモニタに対応

メニューバーの表示がモニタにもされるというだけで、かなり便利になります。Dockも好きな場所で使えるようなので、自宅でモニタをつないでいる時はモニタに、外出時はMBAでとなるので助かりますよね。

フルスクリーンでそれぞれ違うアプリを起動できるというのも助かります。資料をMBAで開いてモニタではライティングに集中出来るようになりますね。

これは正しく神アップデートだ!とは思いません。逆になぜ今まで対応していなかったのかという疑問が(笑)

とにかく次期OSX Mavericksで改善されるマルチディスプレイ。待ち遠しくて仕方ありません。

Return Top