MAC活用

MoneyWiz等の資産管理Appで予算はどのようにして利用するのか

SPONSORED LINK

Yosan01

個人事業主なら勿論ですが会社員の方でも予算を決めて1ヶ月生活するとどんな支出が想定外であったか、無駄使いした部分が見えてきます。

私は個人事業主ですが会社員対象で予算管理の設定を考えてみます。


1.予算として何を対象とするのか考える

まず予算としてどういった物を予算として組み込むのか考えましょう。

まず会社員の方なら2つ、事業等をされている方3つの予算構成がいいと思います。

  • 自分の小遣い
  • 生活費
  • 事業予算(事業主の場合)

ここで会社員の場合は予算総額が『自分の小遣い+生活費』をオーバーすると赤字というわけです。この状態が続く場合何らかの方法で収入を減らすか、生活費を切り詰めていかなければいけません。

最初は『自分の小遣い+生活費+貯蓄』で給料の金額に合うように設定しましょう。

では各予算の構成について考えてみます。

予算1.小遣い

小遣いに関しては毎月の固定額を取り敢えず設定してください。
この予算の対象としては『娯楽に関するもの』を対象とすれば良いでしょう。

例えば友達との飲み代・コンビニで購入した生活必需品意外のもの・タバコ代・映画・漫画・音楽・App等が当たると思います。

 

予算2.生活費

この生活費に関しては凄く範囲が広いのですが、要は自分の小遣い対象+預金額以外の全てのものが当てはまります。

食費・保険・医療・ガソリン代・電話代・水道電気・ガス・インターネット等勿論考えれば他にもありますが、毎月生活するのにかかる経費全てが対象です。

 

予算3.イベント・旅行等

こちらは毎月の予算ではありませんが、家族や友人と行く旅行は旅行計画を立てる段階で予算を考えましょう。

例えば全ての旅費を10万円の予算内で終わらせようと思った時に、家を出発してから帰宅するまでの全ての事がこの旅費という予算内で考えます。

2.毎月の予算を解析する

ここで組んだ生活費+お小遣い+貯蓄で貯蓄は固定で変わらないとすれば、生活費+お小遣いがオーバーしなければ黒字ということです。

逆に生活費+お小遣いが足りなくて補充をした場合は予算オーバーで赤字です。

ここで数ヶ月実践してみて見直すべきことがあります。
黒字続きの場合は特に目的もない場合であれば貯蓄を増やしてもいいですし、欲しい物を購入するための目標金額を設定し仮の貯蓄として金額を足していくといいです。この場合銀行に貯金してもいいですし、タンス預金でも問題ありません。

資産管理アプリの口座に目標金額○○○万円という風に口座名をつければわかりやすいですね。

逆に赤字が続くような方は、どんな費目が毎月多いのかを検証してみましょう。例えば電話代が異様に高いとか、食費が異様に高いとか何らかの原因が見えてきます。

この原因を突き止めるのがこの予算の一番いい所なので、見つかれば使い過ぎないように改善するか、副業等で収入を増やすことを考える段階であると思います。お小遣いのオーバーも同様なことが言えるでしょう。

 

おまけ MoneyWizを使った予算設定方法

私はMoneyWizを使っているのでMoneyWizを使った予算の設定方法を解説しておきます。

Yosan02

1.左下の『+』ボタンをクリックして新しい予算を作成します。
Yosan03

2.予算の設定をする

  • 監視する口座(登録口座から生活費にかかる全ての口座・現金)を選ぶ
  • 名前(生活費等自分で決めて下さい)
  • 金額(毎月の予算額)
  • 監視するカテゴリー(お小遣いで監視する費目と貯蓄以外の全て)を選ぶ
  • 開始日付(毎月の1日でいいと思います)
  • 繰り返し・頻度(毎月この予算を繰り返す)
  • 未使用残高を移動(余ったお金を翌月に繰り越す)

これで設定は完了です。

あとは毎月使った項目を入力していけば勝手に予算の部分が監視している口座・費目から同期されます。

MoneyWizに関してはこちらで書いています。

あとがき

予算が見えてくるということは固定費、大体の毎月の請求額等がわかっているということになります。

その上で何かを始めたい時に自分の懐事情がわかるのとわからないのでは大きな差であると思います。

自分の現状を知るためにも予算管理を始めてみて下さい。

 

今回の「MoneyWiz等の資産管理Appで予算はどのようにして利用するのか」はいかがでしたでしょうか?もしこの記事があなたのお役に立ちましたらお友達にシェアしてあげて下さいね。 @dnc_akiraでした。

Return Top