副収入

稼げないアフィリエイターのここが駄目!駄目な特徴をズバリ指摘

SPONSORED LINK

Af2013 01

何年ぶりかで香川まで足を運んでくれた方は月間8ケタをアフィリエイトで稼ぎだす凄腕のアフィリエイター。昔はSkypeで話しながらアフィリをやってたりしたのですが、大きく水をあけられましたw

そこで話題になったのはアフィリエイトを続けていく上でのメディアとしての意識、書き方が回りくどいですが簡単にいうと『クソサイトを作らない』って事です。

折角なんで今日話した内容と私が常々思っていることを隠さずに書いてみようと思います。


POINT.1 儲けを意識し過ぎた宣伝

売ってやろうという思いが強すぎるサイトは儲かりません。得てして稼ぎたいと思いすぎている方の特徴に「商品宣伝が先行して商品の良さが伝わらない」事にあります。

例えば扇風機の商品リンクを貼り付けて、「エアコンより節電ですし、今年は暑いからおすすめです。」なんてそりゃ誰でも知ってます。

何がどう他の商品比べておすすめなのかが書けていない

こんな記事を書いているなぁと心当たりがある方は、もし自分がメーカーなら何を切り口にして売りだすだろうか?を意識するだけで記事の書き方が随分変わってくると思います。

さらに省電力1ヶ月連続運転で電気代○○円・音も静かになった扇風機。人体検知機能で人がいなくなれば自動で停止します。
こんな扇風機があるのかどうか知りませんが、機能解説・電力量等選ばれる理由が明確になってますね。

要は商品ブランディングを意識すればいいんです。

POINT.2 同一サイト内で同じキャッチコピーで商品説明

実は今日一番話題になったのがこの部分なんですが、よくある商品比較サイト。関連商品を比較して紹介する時に、実際はさほど機能の差が見られない。

それでもアフィリエイトで紹介する場合、同一ドメイン内で商品の紹介を行っているにも関わらず「薦めるポイントが同じ」アフィリサイトをよく見かけます。

例えば、A社のサービスは非常にアプリが使いやすくて外出先からも簡単にサービスの利用が出来るのでスマホユーザーに非常におすすめです。またB社のサービスもスマホ専用アプリがあるので場所・時間を問わず利用できます。

これって言い回しが違うだけで同じことを言ってるだけですよね。

まず比較サイトを作るということは、ほぼ内容は同じ物だから比較に値すると思いませんか?全く内容の違うものを比較する必要なんてないんですから、その同じ物で悩んでいる方の背中を押すための情報提供だと言うことを考えましょう。

もし私なら、使ってみて内容も同じ(若干の違いは勿論ある)・両者ともアプリで利用できるのが売りなら後はデザインの好みで選んで問題ない事を書きます。

それだけでもユーザーに取っては、デザインの好みだけの問題なんだというのが分かればいいんですから。

ここのページではA社アプリがおすすめ、あっちのページではB社がおすすめではユーザーは逆に迷って離脱するでしょう。

POINT.3 アクセス解析のチェックをしない

Af2013 02

アフィリエイトサイトは作成し公開した。アクセス解析もつけてあるにも関わらず解析のチェックをしていない。またはPVしか見ていない方は意外と多いように思います。

ただドヤ顔したいだけのブログならPVで一喜一憂してればいいと思いますが、ゴールが広告や自社商品である限り解析のチェックは非常に重要です。

どのようなキーワードで検索エンジンから人が来ているのか。という情報だけでもかなり次の行動に繋がります。

キーワードからのアクセスが上がり商品が売れているなら、そのキーワードを更に狙っていくといいですし、SEOで仕込んだキーワードがどうなっているかとチェックも出来るわけです。

SEOで全く狙ったキーワード表示がなされていない場合は、内容の変更や他の施策が必要だということですよね。競合が多いワードなら他のワードに変えるというのも1つの方法だと思います。

公開時はアクセスもなかったページでも、そういうことの繰り返しでアクセスは積み上がっていくわけで解析でPVしか見ないで、今回作ったサイトは失敗と決めつけるのは勿体無いです。

アフィリエイトと言えどもPDCAサイクル(計画⇒実行⇒評価⇒改善)はとても重要だと思って下さい。

POINT.4 無料にこだわって意識が上がらない

アフィリエイトを初めて直ぐに止めていく人はこういった傾向の方が非常に多いと思います。

アフィリエイトは無料で始められます。ノーリスクで始められるという点では他にはないビジネスモデルです。ただ完全に無料で稼いでいるという方は私の知る限りいません。

私は逆に聞きたいのが何故お金をかけないのか?ということです。

「だって稼げるかどうか解らない」

ならやらないほうが良いでしょう。どうせやるなら稼ぎたいですし、1万や2万の出費を惜しむのであればアフィリエイトは向いていないと思います。

だってサーバー・ドメインが年間合わせて2万円程度で、それを回収できないビジネスってどうですか?やる気おきますか?

ある意味この出費を躊躇なく出来る方と出来ない方で副業でもビジネスを捉えた動きが出来るかどうか決まります。ビジネスですから当然時間も相当量割かなければいけません。

この覚悟というか意識の部分がアフィリエイトには以外に重要だったりします。まぁ例外でサクッと稼いじゃう人もいますがねw

現在やってて稼げていない方は例外にはなれなかった私と同じということでしょう。

まとめ-サイト作りの要

今日の話題を記事にしましたが、アフィリエイトサイトと言えども訪れるユーザーにとっては1つのメディアなわけです。

そのお客さんを満足させるものを提供し続ける事はハッキリ言って難しい。でも最善を尽くす事は売り側としての常識です。

ではこれから始める方や上手くいかない方は何を変えればいいのか。次のことを考えてて作成して下さい。

  1. 誰が
  2. 何が
  3. どのようにして
  4. どうなった
  5. 要は何

商品紹介の中で「誰が:ターゲット」・「何が:商材」・「どのようにして:問題解決」・「どうなった:解決後の未来」・「要は何:まとめ」がなされている文章は非常に読みやすく理解しやすい。

私自身もまだまだですが、人に自信を持って見せることが出来る記事作りを意識すれば随分変わるでしょう。

Return Top