副収入

無料ネットショップサービスBASEにSEO機能が追加されたので設定した

SPONSORED LINK

Baseseo01

私がインドネシア料理のスパイスを販売している無料ネットショップサービス『BASE』が各ページにkeyword・descriptionが設定出来るようになったので早速設定してみました。

他にも幾つかサービスが追加されていたので合わせてご紹介します。


BASEでSEO機能を導入する方法

Baseseo02

まず管理画面の上部『Apps』をクリックします。

 

Baseseo03

BASEAppsの画面が表示されるので『SEO設定』をクリックしたらインストールというボタンがあるのでクリックしましょう。

 

Baseseo04

インストールクリックするとこのような設定画面が表示されます。トップページ・ショップ解説ページ・各商品ページ毎にキーワードとページ説明(description)が入力できます。しかしページ説明の50文字の制限は少な過ぎないかい?やっぱ100文字以上は欲しいと思いました。

全てを入力したら一番下にクロールすると保存すると言うボタンがあるのでそこをクリックで完了です。(要件を満たしていない場合は赤文字で警告が表示されます。)

一応確認してみたところ

Baseseo05

各ページkeyword・descriptionが反映されていました。
実際やってみた感じとしては少々物足りない気はしますが、何も出来ないよりは絶対いいと思います。というのも同じMETAデータはGoogleパンダの餌食にもなりかねないので既に運営されいる方は早めに導入しましょう。

 

SEOの簡単なコツ

まずコツと言えるほどのものでもないんですが、初歩の初歩として覚えておいて欲しいのがkeyword・description記述のコツです。

Baseseo06

書く順番が非常に重要でキーワードで表示させたい順番に書く事です。そしてページ説明においてもなるべく最初にキーワードを書きましょう。

キーワード選びとしてはショップですから通販というキーワードを絡めたり、激安・格安といったお得感をキーワードに絡めたりする方が多いと思います。何よりも購入者がどのようなキーワードで検索するのか購入者の気持ちになって考えるのがいいですね。取り敢えず設定しておいて後で変更してもいいと思います。

まぁ実際キーワードでの流入に関して解析がとれないので、後で修正するのも難しい。METAにAnaritycsのコードを入れれたら言う事ないんですが、無料なので贅沢も言えませんね。

 

その他追加された機能

今回SEO機能の他に独自ドメインでの運営や配送に役立つダンボール等が無料で貰えるサービス・ショップ用のロゴを作成してもらえるサービスが開始されています。

STORESの独自ドメイン対応と違うところは、BASEはドメインサービスで独自に取得すると言うこと。

慣れている人には簡単だがドメインを取得したことがない方には少々面倒かもしれません。今回私は独自ドメインでの運営の必要性を感じなかったのでスルーです。独自ドメインでの運営をするならショップを普通に作成したほうがいい気がします。

一応ドメインの取得先としてリストにします。

どこを使っても殆ど同じなので上手くキャンペーン等で安くなっている時がおすすめかも。

取り敢えず今回のBASEへのドメイン取得のつもりはありませんが、ググっても解らないという方のご要望があれば記事にするのでコメント・ツイートなりでご連絡下さい。

 

またロゴ作成サービスに関しては
応募期間が5月17日まで、抽選で100店舗ということです。どんなものが出来るのか興味があるので取り敢えず応募してみました。

では皆さんもBASEで簡単ネットショップライフを楽しんで下さい。 @dnc_akiraでした。

Return Top