副収入

無料ネットショップのメリット・デメリットそしてサービス比較

SPONSORED LINK

Shop01

先日2つの無料ネットショップサービスを使ってiPhoneケース・インドネシア雑貨の販売を始めました。恐らく皆さんが気になるのは実際稼ぐことが出来るのか?どっちのサービスがオススメなのかという部分だと思います。

今回は2つの無料ネットショップサービスのメリット・デメリットとサービスによる比較をしてみます。


無料ネットショップを使うメリットとデメリット

無料ネットショップはお金をかけずにショップ運営が出来るの凄くお得ですがやはり無料だなぁと思わされる部分もあります。簡単にまとめてみると。

無料ネットショップを使うメリット

  • 無料で始められる
  • デザイン知識が無くても作成可能
  • ショップ独自のアクセスがある
  • GoogleAdwords出稿が可能
  • スマホに対応している
  • クレジットカードに対応している

 

無料ネットショップゆえのデメリット

  • 詳細なアクセス情報が入手できない
  • デザインが決まっている
  • SEOができない

 

因みに私が作成した無料ネットショップはこの2つ

誰でも簡単に作成できる反面、自由度はあまりないです。またhead部分も自分でどうにも出来ないのでSEOといった検索エンジンへの対策は難しいです。

 

ショップ運営に当たってやっていくこと

実際SEOで呼び込むためのLPの作成をしてみたり、ソーシャルを使ってショップページを作成して盛り上げていくのがいいと思います。

またランニングコストがかからない分広告費を取ってGoogleAdwordsに出稿してもいいと思います。

この両方のサービスに関しましてはGoogleの担当の方に連絡済でOKと言われているので審査で落ちる事は殆どないと思います。(ショップの内容による)

SEOの部分が弱いのでこういった広告からの集客が設定した検索キーワードによって表示されますし、自分の予算によって制限もかけられるようになっています。(Adwordsに関してはまた詳しく特集してもいいかもしれないなぁ)

 

無料ネットショップサービス比較

現状(2013年4月)での機能の比較をしたいと思います。まぁどちらもなかなか良いサービスで遜色はありません。

STORESの特徴

  • 無料では商品5点まで
  • アクセス数が見れない(有料で可能)
  • descriptionがない(SEOに弱い)
  • クレジットカードに対応している
  • 無料でストアカードを作成して貰える
  • 梱包キットの配布サービスがある

参考:無料ネットショップの始め方Vol.1 「STORES」でショップを作ってみた。

 

BASEの特徴

  • 商品点数は無制限
  • 一応アクセス数は管理画面で見れる
  • クレジットカードに対応している
  • お金の引き出しに20000円未満は手数料500円をとられる
  • descriptionはストア説明がそのまま反映されるのでデザインを重視すると変になる。

参考:無料ネットショップの始め方Vol.2 BASEでインドネシア雑貨のショップを作ってみた。

 

どちらが良いか使ってみた感想

取り敢えず私の感想としては一応descriptionがつくと言うのと、アクセス数が見れる、そして商品点数に制限がないと言うことで現状では『BASE』がいいと私は思います。

但し、月に1000円程度の有料プランでもいいという方はSTORESも詳しくみてみるといいと思いますよ。

 

まとめ

上記でも書きましたが簡単に作成できるが自由度はないのとSEOはタイトル次第に。集客としては

  • LPを作成してSEOを頑張る
  • Facebookページを作成し商品ブランディングに務める
  • GoogleAdwords等に出稿し広告として集客する

この3つを旨くやれば売上も伸びてくるのかなぁと思っています。

また時間を取って全てやっていこうと思っています。結果が出てきた段階でまたブログでご紹介出来ればと思います。

 

ネットショップに興味がある方は取り敢えず無料なんですぐに作ってみて下さい。わからないことがあればコメントやFB・Twitterでメッセージをくれてもいいですよ。 @dnc_akiraでした。

Return Top