副収入

フリーランスや副業に役立つクラウド受注・SOHOまとめ

SPONSORED LINK

Soho01

WEBデザインやコーディング、そしてApp開発やシステム開発といったデザイナーやプログラマーの副業やフリーランスの方にも使えるWEB上で仕事を受注出来るサービスがどんどん増えています。

またデザイナーといった専門知識が無い方でも請けられる仕事もあるので、私自身の利用もあって一度まとめてみたいと思います。


本格的なデザイナー・プログラマー向け

Soho02

WEBデザイン・ロゴ作成・App作成やコーディング・ライターといった仕事がコンペ・プロジェクトで請けられます。

自分の腕試しも兼ねて挑戦してみるのも面白いかもしれませんね。

本格的なお仕事が請けられるサービス

専門的な仕事が多いので仕事の金額も高額の物も多く、納品期限に間に合うならかなり副業にいいのではないかと思います。
過去記事:クラウド時代の受発注はこうも変わるのか「クラウドワークス」で始める新しい仕事の形

特に専門知識がなくてもアイデア次第で請けられるサービス

Soho03

上記のような専門家でなくても、自分のアイデアで仕事が受けられるサービスも人気が出ています。

ココナラ・Abfitは以前に紹介しているのですが、私が今一番面白いと思っているのが「WishScope」です。

Facebookアカウントで利用できて、iPhoneでは専用のアプリもあって簡単に出来る事の公開や仲間募集など、幅広い用途で利用できます。

ブログ記事や写真が得意なら

Soho04

専門的な知識はないが、ブログの記事を書いたりレビューしたり、また写真の撮影が趣味の方に趣味を生かしたお小遣い稼ぎもあります。

ブログ記事に関してはやはり単価が少々低めに設定されるというのが気になりますね。ライターも実際飽和状態にあるのかもしれません。

写真に関してもPixtaを始め他にも多くのサービスがあります。実際以前に比べて登録者が増え稼ぎにくくなったという話も聞きました。

実際写真のようなデータ販売出来るものは「gum road」のようなサービスを使って販売しても良いかもしれません。
但し、それにはWebやソーシャルで大分宣伝が必要になりますね。

またInstagramの写真をケース等で販売できるサービスもあるのでそういうサービスを利用するのが良いかも。
参考:Instagramで小遣い稼ぎ!?Insracanvasを使ったオリジナルデザインiPhoneケース販売方法

稼いだらクラウドで会計・確定申告

上記のサービスなんかを使って巧く収益が発生したら気になるのが確定申告や月々の会計ですよね。これまでは自分で書類を作成する若しくは会計事務所といった機関を利用するのが主でしたが、最近ではクラウド会計サービスを使って簡単に月々の会計や確定申告書類を作成するのがフリーランスや副業をしている方の基本に変わってきています。

白色申告と青色申告は税務署で一度相談してみるといいと思います。青色の方が減額が多いですが手間が増えます。ただ手間だけで多くの控除額がありハッキリ言ってメリットしか私は感じていません。

上記のサービスはいずれも多くのフリーランス・自営業の方が利用しているサービスです。

あとがき

いろいろと在宅で小遣い稼ぎ・副業が出来るものをまとめてみました。
私自身もいくつか登録して利用しています。

まぁ「これだけでやっていける」というものではないですが、休日や夜の少しの時間を利用してやるスモールビジネスには良いかもしれませんね。

今回の「フリーランスや副業に役立つクラウド受注・SOHOまとめ」はいかがでしたでしょうか?もしこの記事があなたのお役に立ちましたらお友達にシェアしてあげて下さいね。

Return Top