ノンデザイナーのデザイン術

ノンデザイナーでも出来る!フォントで印象がガラッと変わる

SPONSORED LINK

Font

デザインなんかやってないとあまり馴染みのないフォント。ただフォントには高級感を出したり見やすくするといった様々な効果があります。

デザイナーの方にフォントの話をしても「釈迦に説法」ですから、ノンデザイナーの方対象に軽く書いてみたいと思います。


フォントが与える印象を考えて選ぶ

ノンデザイナーの為のフォントの話ですから、ハッキリ言って「自分の好み」でフォントを選んじゃって構わないと思います。しかしブログなど誰かに見せることが目的のものの場合は相手に与える印象も考えなければいけません。

例えばこのブログは結構お固い口調で書いちゃってるので私としてはキャッチに使う画像の文字くらいは砕けた感じにしたい。でも砕けすぎるとブログのコンセプトとは合わないんですね。

Font01

左から「ヒラギノ角ゴ」・「ぼくたちのゴシック」・「あんず文字」です。
Macに標準で入っているヒラギノでは少し固すぎる気がしますし、あんず文字ではブログのコンセプトに合わない。そこで現在私が使っているのが見やすくゆるい感じの印象のぼくたちのゴシックを使っています。

まぁ好みが選択の大多数を占めているんですけどねw

無料で使える日本語フォント

フォントには色々ありますが、特にデザインをしない方には高価な有料フォントは中々手が出ませんよね。そこで無料のブログなんかで使えそうなフォントをまとめようと思ったのですが、良い記事があるのでご紹介します。

因みに当ブログでよく使っているのはこちらのフォントです。

ぼくたちのゴシック
Font02

Macでフォントを追加する方法

Macに無料のフォントを追加するのは非常に簡単です。

1.リンクよりフォントをダウンロードする。
2.拡張子「otf」ファイルをダブルクリックし右下の「フォントをインストール」をクリック
3.もしくはFontBookというMac標準のAppを開き、「otf」ファイルをドラッグアンドドロップ

Font03

これらで追加可能です。但しダブルクリック後のインストールでは「ユーザ」にフォントが入ります。ちゃんと管理したい方は「無料」等でフォルダを作成しそこにドラッグアンドドロップをするほうが後で管理しやすいです。

まとめ

Macには最初から優れたフォントが入っています。しかしブログや写真に文字入れ等はやはり自分の個性を出したいですよね。

無料のフォントで十分だと思います。
そうしてダンロードしたフォントを使ってユーサーに与える印象を意識してみるともっとブログ更新や友人向けのフォト・書面が楽しくなると思いますよ。

Return Top