ノンデザイナーのデザイン術

【WEB初心者】サブドメインを作った時にする301リダイレクト

SPONSORED LINK

サブドメイン設定

何気に知らずに運営している方もいると思うのでサブドメインを作成した時の注意点について書いておきたいと思います。

今後事業の拡張等でサブドメインを作成する時に思い出して下さい。


サブドメインを使うケース

そもそもサブドメインはどういう時に使うのかというと、私の場合は同じ会社が運営するサービスだが本業と関係性が浅いものという定義を置いています。

WEB制作や運営を行なっている私がiPhoneケースの販売を行う場合ちょっとカテゴリーが違いますよね。そういった場合は新しくドメインを取得してもいいのですが、実際は私の事業の一部ですからサブドメインで対応するわけです。

そうすると何に良いのかを考えた場合、SEO効果が良いわけです。

例えば私のHP(http://digitalnetcreate.com/
WEB構成

サイト内にはWEB制作やデザイン・ブログといった構成で作られています。そこにiPhoneケース販売というのが入ると検索エンジンでは明確なWEB関連でなくなる恐れがありますよね。

そこでhttp://○○○.digitalnetcreate.com/というようなドメインの前に何かをつけるサブドメインを使うわけです。

サブドメインを作成した時の注意点

サブドメインをレンタルサーバー上で作成した場合、大抵の場合がドメイン内にフォルダが作成されます。
ディレクトリ構造

今回新しく作成されたフォルダをディレクトリ4としましょう。このディレクトリというのは『ドメイン名+フォルダ名』でアクセス出来るページになります。当ブログは『http://digitalnetcreate.com/』でディレクトリ階層が作られています。でもここでおかしい事に気づきませんか?

実際iPhoneケース販売のページはサブドメインにする予定、しかしディレクトリ4にフォルダが作成されている。この場合どうなるかというと

  • http://ディレクトリ4.digitalnetcreate.com/
  • http://digitalnetcreate.com/ディレクトリ4/

このどちらでもアクセスが出来てしまうわけですね。全く同じ内容のサイトに2つのアドレスがあるという事になるわけです。

これはSEO的に非常によろしくない!

そこで『http://digitalnetcreate.com/ディレクトリ4/』へのアクセスを『http://ディレクトリ4.digitalnetcreate.com/』へ流すリダイレクト設定を行うわけです。

301リダイレクトの方法

まず301リダイレクトとは『永久移転』を意味します。これによって検索エンジンの評価はリダイレクト先を評価対象とするわけですね。

では早速301リダイレクトの方法を書きますと、トップドメインのindexファイルと同一階層にリダイレクト命令を書いた.htaccessを入れるだけ(最初からある場合は追記する)

私が今回iPhoneケース用に作成したサブドメインで解説すると
『Redirect 301 /craftc3/ “http://craftc3.digitalnetcreate.com/”』という表記を.htaccessに追加しただけです。

これで何かの間違いでディレクトリへのアクセスがあっても全てサブドメインが表示されるようになります。

まとめ

ちょっと小難しい内容になってしまいましたがまとめると

  1. メインと内容が異なるものはサブドメインを使う
  2. サブドメインを作成した時のフォルダに注意する
  3. ディレクトリでフォルダが作成されたら『301リダイレクトを行う』
  4. リダイレクト方法は『Redirect 301 /ディレクトリ名/ “http://○○○.ドメイン名/”』を.htaccessに記述する

長々と書いた文章が4行で終わってしまった。。。

もしWEB初心者の方で何かのキッカケでサブドメインが必要になった場合はこの記事を思い出して301リダイレクト設定を行なって下さい。

Return Top