写真撮影・編集術

iPhone写真アプリ FilterSplashで「泣くな、はらちゃん」風の写真を作る

SPONSORED LINK

Filtersplash01

日テレの「泣くな、はらちゃん」見てますか!?見たことが無い方には何のことか全くわからないタイトルなんですが。

漫画から現実世界に飛び出したキャラクターがまた漫画を開いた瞬間、一瞬キャラクターだけが漫画になるシーンありますよね。

そんな写真がiPhoneで簡単に作れるApp「FilterSplash」の使い方を解説します。


FilterSplashの操作

Filtersplash02

それでは基本的な使い方を左の写真で解説します。

  • 左上アイコン:写真撮影・読み込み
  • 右上アイコン:写真の保存・共有
  • Brush:なぞって範囲の選択
  • Eraser:なぞって選択範囲を削除
  • Redo:Undoで戻した項目を復活させる
  • Undo:直前の操作を無効にする
  • Clear:全ての操作を無効に
  • 右下アイコン:画面の分割(※現在は分割したもの)

基本的な機能はこれだけで、要はなぞった部分にだけFilterがかかりますってだけのアプリです。

 

Filterの種類

真ん中の写真を見てもらうと下に更にいろんなりんごが並んでいますが、これがフィルターの種類で現在「Sepia」と書かれたセピア色のりんごをタップする事でフィルターを切り替えることが出来ます。

  • Cartoon
  • Emboss
  • Blur
  • Sketch
  • Mosaic

全部で20種類のフィルターが使えるようになっています。

 

早速「泣くな、はらちゃん」風にフィルターを掛ける

右上の写真ですが、単純にフィルターの「Sketch」を選んで対象範囲をなぞるだけ。

Filtersplash03

ただスケッチという事で、マンガチックな感じになりませんが現実世界にスケッチが描写されると面白いですね。

モザイクなんか使ってもイタズラ画像が作れそうでワクワクしています。

Filter Splash App
カテゴリ: 写真/ビデオ
価格: ¥85

現在85円になってますが、実は私期間限定の無料でダウンロードしました。こういった写真アプリの期間限定無料情報はInfoBackerのFacebookページで紹介しているので、写真アプリが好きな方は是非「いいね」お願いします。

Return Top