写真撮影・編集術

iOS版 iPhotoでコントラスト・ブラシでの微調整についての覚書

SPONSORED LINK

IOSiPhoto

連載3回目になります「iOS版iPhotoの使い方」ですが、今回はコントラスト・ホワイトバランス・ブラシを使った微調整について覚書を残しておこうと思います。iPhotoの使用方法で戸惑ったら覗いてみて下さい。

■写真のコントラスト調整

コントラスト

写真に指を当てると画面のように矢印がでてくると思います。矢印の方向に指をずらすと、矢印に描かれている色のコントラスト補正が写真に施されます。ちなみに指を当てる場所によって矢印の色も変化します。

画像の赤の枠で囲っている部分が左から総合的な色、青い部分・緑の部分・茶系の部分という感じで変化しました。※赤枠内のスライダーを左右にスライドさせても写真は補正されます。

コントラスト01コントラスト02

一番左のスライダーをみてもらうとわかるように色鮮やかな方に動かせば全体的に鮮やかな雰囲気になり(左側の写真)、暗い方にずらせば白黒に変化します(右側の写真)

青色地面

青い部分を濃い方向にずらせば空が濃い青に変化しました(左側の写真)、茶色い部分を明るい方向にずらせば茶系の建物が明るくなっているの(右側の写真)がわかると思います。

 

■ホワイトバランス

ホワイトバランス

画面右端の設定のようなアイコンをタップするとこのようなホワイトバランスを変更する画面になります。

左端はオートホワイトバランス・右へ太陽光モード・曇天モード・フラッシュ?・日陰モード・蛍光灯モード・白熱灯モード・あとの2つはルーペが出てきたので基準を決めたりするものだと思います(勉強不足ですいません)

効果はそれぞれあって

ホワイトバランスの説明はまた追々写真の編集等で記事にしたいと思いますが、傾向をいうとオートホワイトバランス・蛍光灯モードが見た目に近い感じ、白熱灯モードは青みがかったような感じ、その他は少し黄色味がかった感じになりました。撮影状況等にもよると思います。

 

■ブラシで微調整

ブラシ

これまでの補正は写真全体の雰囲気を変えちゃう補正だったのですが、ピンポイントで修正したい場合はこのブラシ編集になります。

ブラシ彩度前ブラシ彩度後

今回はブラシで彩度上げてみました。左が変更前右が建物の彩度をあげています。建物が色濃くなっているのがわかると思います。

細かな微調整を部分的に施したい場合はこのブラシ調整でブラシを選んで写真をこすってみてください。

 

今回はコントラスト・ホワイトバランス・ブラシについて書き残してみました。後はエフェクトの解説と実際に一つの写真を一連の流れで触ってみる実践編でまとめたいと思います。

 

iPhoto App
カテゴリ: 写真/ビデオ
価格: ¥450
Return Top