写真撮影・編集術

iPhoto(iPhone版)を使いこなしたい方はブラシツールだけ覚えたらいいよ

SPONSORED LINK

iPhotoブラシ

iPhone版のiPhotoを持っている方も少なくはないと思います。ただ安くエフェクトが簡単に出来るアプリの影に隠れちゃった方も多いのではないでしょうか。

折角購入したiPhotoを眠らせないで本当は使いこなしたいと思っている方は、あれこれ考えずブラシツールだけ覚えるだけで写真を楽しく編集できるようになりますよ。


iPhotoブラシツール「ぼかし」を覚える

iPhoneのカメラアプリはそもそもフォーカス機能が付いていて撮影時タップすればまわりが少しぼけた状態で撮影ができる優れもの。

でも動きがあるような写真の時にはフォーカスは出来ませんよね。そういった写真はブラシツールの「ぼかし」を使って一眼レフで撮影したような写真を作ってみましょう。

ブラシを使ってフォーカスをあてる

iPhoto写真編集
次男が写っているこの写真をブラシツールを使って最終的に息子にフォーカスを当ててみたいと思います。

iPhotoブラシ
ブラシツールの使い方は、ブラシを選んで適用したい場所の写真をなぞるだけです。なぞった箇所が画面で変わっていくので好きなように出来ますね。
右側の写真は”草むら”だけをぼかしてみました。

完成がこちら
iPhotoブラシ

次男にだけフォーカスした写真に変わったのがわかると思います。

明るさの調整+ぼかしで写真に変化を

次は明度の変更+ぼかしで写真を編集してみました。

iPhotoブラシ

元々の写真が少々暗かったので明度を上げるブラシを使って写真をなぞり明るさを変更しました。(左写真⇒中写真)
ちょっと面白くないので明度を下げる+ぼかしで奥の妻と長男にスポットを当ててみました。

iPhotoブラシ

長男と妻にスポットライトが当たっているような感じに見えますかね?

iPhotoブラシツールのまとめ

今回書いた内容は

  • iPhotoのブラシツールだけでも写真は結構かわる
  • ブラシを選んで写真をなぞるだけ
  • ぼかし・明るさの調整がすごく簡単

iPhotoは他のアプリに比べブラシツールを使えばより直感的に写真を綺麗に変えることができます。購入したにも関わらずフォルダで眠っちゃってる方はもう一度ブラシツールを使って遊んでみてはいかがでしょうか。

Return Top