写真撮影・編集術

Macで写真共有をする時に便利なMacApp

SPONSORED LINK

Photomac

私が普段ブログやソーシャルで写真をアップする時に加工で使っているMacAppを紹介していこうと思います。実際Photoshopってのが写真編集の最高峰かとは思いますが、脱Adobeを目指している私は基本的には使わないようにしています。

実際それぞれに適したアプリを使えばかなり良い写真加工が出来るので参考にして頂ければ幸いです。


写真の管理・微調整

Aperture

写真にエフェクトをかけたりするのではなく、写真自体の彩度・明度を調整したり素材の良さを生かして調整するアプリ。Photoshop lightroomと同等の機能のアプリです。写真編集だけでなく写真管理にも非常に長けていて撮影地がMapで管理できるのが旅のまとめのようで見ていて楽しい。

Aperture App
カテゴリ: 写真
価格: ¥6,900

写真編集の決定版!ブログ用素材はこれで作成

Pixelmator 1

写真の加工・サイズ変更等デザインにも使えるアプリ。PhotoshopElements以上Photoshop未満なアプリ。使い勝手では到底Photoshopに追いつきませんが、それでもかなりのデザイン用途にも耐えうるアプリだと思います。

自分で完結するデザイン物ならOKだと思います。
過去記事:ノンデザイナーでも出来る!PixelMatorチュートリアルの活用

Pixelmator App
カテゴリ: グラフィック&デザイン
価格: ¥1,300

エフェクトでサクッと加工しソーシャルに共有

Camerabag

エフェクトの多さもさることながら、各エフェクトを微妙に調整できる写真加工アプリ。エフェクトを追加して当たりを探すだけでも楽しいです。

CameraBag 2 App
カテゴリ: 写真
価格: ¥1,100

Fotor

無料とは思えない高機能な写真エフェクト。1クリックで写真の雰囲気がガラッとかわります。実際ソーシャル共有だけならFotorで十分だと思います。

写真にアクセントをつけるアプリ

Colorstorokes

写真の部分に対して色を残す”プレモル”風の写真が指でトラックパッドをなぞるだけで作成できるアプリ。意外と色んな用途で使えます。

ColorStrokes カラースプラッシュスタジオ App
カテゴリ: 写真
価格: ¥250

Lensflares

写真に光を入れるアプリ。これから夏のシーズンに向けて利用シーンが増えそうな予感。iPhoneにも同アプリがあります。

過去記事:iPhoneの写真に光を入れるApp「LensFlare」の機能解説

LensFlares App
カテゴリ: 写真
価格: ¥450

まとめ

私はこれらのアプリを使って写真を様々な場所に共有しています。無料の物でも良いアプリはたくさんあるのでAppStoreで調べてみて下さい。皆さんが知ってるアプリをまた教えて下さいね。

もし上記を購入するのであれば、まずPixelMator+無料のFotorのあたりから始めてみるといいです。大量に写真を撮影する人はApertureかな。でもお高い。。。

Return Top