写真撮影・編集術

PhotoShop体験が無料で出来るWEBツール「PhotoshopExpressEditor」

SPONSORED LINK

Pse

Photoshopはデザインに関わる方の多くがメインで使う写真編集ソフトで超高額で有名ですが、Elementsといった廉価版もありそれでも1万円近くするので勿体無いと感じる方も多いのではないかと思います。

そんな方に無料で利用できるオンラインツール「PhotoshopExpressEditor」をおすすめします。基本的な写真編集機能は全て搭載されているので、十分だと思います。では早速簡単に機能・使い方の解説をしてみましょう。


登録について

このPhotoshopExpressEditorを使うに当たって、会員登録をする必要は全くありませんがiPhoneにある無料Appと写真を連携させたい方等遊び方の幅が広がるので登録をオススメします。

Pse00

アドレス等を入力しID・Passwordを設定するだけで登録出来ます。

Adobe Photoshop Express App
カテゴリ: 写真/ビデオ
価格: 無料

 

基本機能解説

このPhotoshop Expressで出来る事を簡単に解説しますと

Pse01

PC内に保存されている写真を選んだり、会員登録していればマイオンラインライブラリといった写真を保存するスペースから写真を選ぶことが出来ます。

Pse03

  • 切り抜きと回転
  • サイズ変更

選んだ写真の大きさ・向きを調整します。90°回転や反転、スライダーを使った微調整・比率で調整、プロフィール用・モバイル用・WEBサイト用等のちょっと便利な切り抜き・サイズ変更が可能です。ブロガーなんかにおすすめかも。

 

Pse06

  • 自動補正
  • 露出量
  • 彩度
  • ホワイトバランス
  • ハイライト
  • 補助光効果
  • シャープ
  • ソフトフォーカス

これらのメニューは上の適用例で写真を選んだり、写真下のスライダーで調整することが可能です。

 

Pse07

  • 微調整
  • 赤目

「Aの部分(赤)の色をBの部分(緑)に適用したい」といった感じで空の色や海の色等を微調整します。画像は使い方としては間違っていますがw

 

Pse08

  • 覆い焼き
  • 焼き込み

写真をドラッグした箇所に反映されます。いろいろ使い勝手はあるのですが、取り敢えずはこれを使うとどうなるって事を覚えればOKだと思います。

 

Pse09

  • 水晶
  • ピクセレート
  • カラーを強調
  • 色相
  • 白黒
  • 着色
  • スケッチ
  • 変形

これらは写真に特定の効果を付けます。使い方は上の候補写真から適用したい効果を選ぶだけですね。

 

Pse11 2

  • テキスト
  • 吹き出し
  • 付箋
  • パーティ
  • 動物
  • コスチューム
  • スポーツ
  • その他
  • フレーズ
  • フレーム

装飾メニューに切り替えると用意されているイラストを配置したり、テキストを入力したり、フレームをつけたりと画像を選ぶだけで適用されます。ソーシャルの投稿も楽しめますね

 

さて駆け足で説明しましたが基本的に写真編集が全く初めての方でもさわっているとなんとなく綺麗な写真が完成したって感じのサービスです。ソーシャル等にアップする写真をこういうサービスで作成してみるのもいいですね。

Return Top