写真撮影・編集術

iOS版Snapseed使い方 第4回 フォーカス・フレームを利用した写真編集

SPONSORED LINK

Snapseed1

1日空いてしまいましたがSnapSeedの使い方第4回目はフォーカス・フレーム機能を使って編集・装飾をしてみたいと思います。最後に少しフォーカスのコツも書いてみるのでご期待ください。

写真編集前

今回は左メニューのCENTERFOCUS・FRAMES・TILT&SHIFT(赤の囲い枠)の3つについて紹介します。

 

フォーカス(CENTER FOCUS)

スポットにピントを当ててそこから円形にぼかしていくエフェクトです。

フォーカス01フォーカス02

真ん中の青い点を動かす事でフォーカスの中心位置を決めます。星のアイコンをタップするとフォーカスの種類が選べます。ぼかしだけでなく白く霧をかけたり黒くフェードアウトしたようなスタイルも用意されています。

指を上下にスライドさせメニューを表示すると中心のサイズ(はっきり見える範囲)・フィルタの適用量を調整できます。

 

写真枠(FRAMES)

フレーム01フレーム02

出来上がった写真にフレーム(枠)を付けることができます。★のアイコンをタップするとフレームのスタイルが選べ、右側のアイコンだとフレームが切り替わっていきます。

指のスライドでメニューを呼び出すと、フレームの幅(変更量:小)・オフセット(変更量:大)でフレームの幅を調整することができます。

 

TILT&SHIFT

ブレンド01ブレンド02

これはぼかし処理に相当するのかな?★タップでぼかしの形状を選択できます。またメニューを表示させるとブレンドの幅・ぼかしの適用度・輝度・彩度・コントラストが微調整できます。

ぼかし処理は独特の雰囲気の写真をつくったり、ちょっとこれはぼかしておかないとという時に便利です。

 

最後に今回の説明した3つのメニューを使って画像編集してみました。

編集終了

大分雰囲気がでましたね。センターフレームのコツは写真のどの部分を魅せたい・強調したいという風に考えて配置すると非常に綺麗な仕上がりになります。

真ん中にする必要はなく上の写真のように少しずれてるほうがカッコイイ場合もあるので、写真撮影時はそういうことも踏まえて撮影すると写真がもっと楽しくなるかもしれませんね。

Snapseed App
カテゴリ: 写真/ビデオ
価格: 無料
Return Top