ライフスタイル

【未来予想】2016年猛威を振るうマイナンバー詐欺!マイナンバー制度って?

SPONSORED LINK

マイナンバー制度

今年の秋から始まるマイナンバー制度。一体どういうものなのか知ってますか?私自身も知らなかったので調べてみたついでにブログの記事にしてまとめてみようと思います。


マイナンバー制度とは

まずはマイナンバー制度ってなんぞや?って事なんですが

国民個々に重複しない番号を付与し、それぞれの個人情報をこれに帰属させることで国民全体の個人情報管理の効率化を図ろうとするものである。氏名、登録出生地、住所、性別、生年月日を中心的な情報とし、その他の管理対象となる個人情報としては、社会保障制度納付、納税、各種免許、犯罪前科、金融口座、親族関係などがあげられる。多くの情報を本制度によって管理すればそれだけ行政遂行コストが下がり、国民にとっても自己の情報を確認や訂正がしやすいメリットがある。
参考:Wiki

要は社会人ともなると様々な個人が特定できるものを持っていますよね。車の運転免許証やパスポート等、その他にも市役所で取得する戸籍の情報や警察署で管理される犯罪履歴など様々な情報があるわけです。

これまではこれらの情報は各機関で個別に管理されていたので対応した場所に行かなければ確認出来なかったと言う事とそれぞれ管理側も人員を割いているわけです。

そこで今回のマイナンバー制度は国民一人一人に番号を付けてあらゆるものを一元管理しようというのが狙い。メリットとしては行政側は管理に割く人員の削減や簡素化が出来るということ、また利用者は自分の情報を確認・管理しやすくなるということです。

ではもう一度管理されるものをリストにしてみると

  • 氏名
  • 登録出生地
  • 住所
  • 性別
  • 生年月日
  • 社会保障制度納付
  • 納税
  • 各種免許
  • 犯罪前科
  • 金融口座
  • 親族関係

この中で金融口座というのがありますが、最初は必須項目ではないようですがもし必須になればお金の動きまで管理されちゃうって何だか怖いですよね。「あいつああ見えて結構貯めこんでる。」なんて管理者にはわかっちゃうわけでしょ(笑)

というか、口座は番号だけ管理なのかもしれませんね。死亡時等にソッコーで引き出せないようにするため(笑)

開始時期

一応開始時期といいますか、2015年10月から国民への個人番号の通知を行って2016年1月から個人番号の利用が開始されるようになるようです。

年金情報流出からの導入に対する懸念

最近は年金情報の流出問題がニュースで取り上げられ話題になっていますが、これから導入されるマイナンバー制度は果たして大丈夫なんでしょうか?

先日の年金情報流出にも言えることですが、どれだけ強固なセキュリティを導入した所で管理者のセキュリティ知識が乏しければ絶対ダメですよね。『exeファイル』を開いちゃう職員って少なくはないと思います。

だって普段真面目な方ほど、そういったファイルの違いに疎いというのは情報として必要なかったからじゃないでしょうか(笑)経験したこともない方にそこは当たり前ではなかったのかもしれませんね。

これを踏まえて情報流出がないようセキュリティ講習も実施してほしいものです。

2016年はマイナンバー詐欺が流行?

では経験したことがないと言う事でいえば『お年寄り』が心配ですね。勿論通知には「マイナンバーは他人には絶対教えないでください。」と書かれるとは思いますが、数カ月後に家族のことや自分の事で所謂先生的(弁護士等)やセキュリティ担当を装った詐欺電話がかかってきてあなたのおじいさん・おばあさんが100%教えない自身ってありますか?

オレオレ詐欺同様に経験したことのない不測の事態に皆慌てるでしょうし、まして情報リスクについての知識が乏しいお年寄りは格好のターゲットになるかもしれません。

そしてその中に口座情報まであるのなら尚更ですね。

まとめ

とまぁいろいろとリスク的な事も話のタネとして書いてみましたが、もし番号が流出しても大丈夫になるシステム(番号だけで個人では簡単に情報取得出来ない)なんてことを考えているでしょうし便利なことも多いんでしょう。

どれほど便利になるのか?またどれほどの節税になるのか?導入にかかる予算をどれくらいでペイ出来るのかなど楽しみではありますね。

もっと詳しく知りたい方はこちらの記事がわかりやすく解説されていました。

2015年秋からスタートする「番号制度(マイナンバー)」とは何ですか?2015年秋からスタートする「番号制度(マイナンバー)」とは何ですか?
参考元:ITエンタープライズ

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
Return Top