ライフスタイル

【主婦投稿】こんなに違う!私の『トイトレ』体験談

SPONSORED LINK

トイトレ

今回は新しい企画として主婦の方に生活の知恵や体験談を投稿して貰いました。

小さな子どもを持つ親にとって、大きな問題となるのが「トイトレ」、そう、トイレットトレーニングです。さまざまな方法論が交わされ、トイレトレーニング関連の賞品もどんどん増えています。未だに「おむつが早く取れないのは育て方に問題がある」という考えを持つ古い世代からの心ない言葉に傷つき、ノイローゼのようになってしまうママもいるそうです。

でも、たかがトイレではありませんか!ここでは、ふつつかながら、2児の母である私のトイトレ体験談をお話させていただきたいと思います。


私について

5歳の娘と3歳の息子がいます。基本的には、インターネットや書物を漁って子育てについて情報を収集し、実践するタイプです。いや、でした。娘の時は初めての子育てというプレッシャーで、全て育児書どおりに進まないと不安。あれこれ悩んだものでした。

でも息子に関しては、なんというか…「あまり早く大きくならないで!!」という気持ちが強く、あまり熱心に成長を促すようなことはしていません(笑)

娘のトイトレ体験談

娘が1歳半になった頃、姑から強い口調で、「え、まだオムツ履かせてるの!?」と強い口調で言われました。「早く取らないと、恥ずかしいよ」とも。その考え方が時代錯誤であることはもちろん私も知っていましたが、やはり早い方が楽だという気持ちはあったので、それをきっかけに子ども用便座を買い、試しに娘を乗せてみました。

すると、1回目でおしっこができてしまったのです。これが、私をトイトレに走らす原因となってしまいました。

気をよくした私は、早速オムツを取りパンツを履かせ始めました。もちろんどんどん漏らすので、床は何度も何度も汚れます。そのたびに水拭きをし、パンツを洗う私。時には大きい方も。でも「大きな心で」と本には書いてあるので、子どもには怒った顔を見せるまい…その繰り返しが私にとって、ものすごいストレスになって行きました。

娘は、トイレに座らせるときちんとできるのですが、事前報告がなかなかできませんでした。トイレの間隔が時々近いときがあり、どうしても漏らしてしまいます。そんな期間がそれから半年以上続きました。途中からやはり私も我慢できなくなり、「どうしてできないの!!」と怒鳴ってしまったこともあります。

今思うと、どうしてできないのに無理やりさせようとしていたんだろうと、自分が情けなくなります。

結局娘が完全にトイトレ完了したのは2歳半の時。実に1年以上も格闘した、無駄に苦しい体験でした。

息子のトイトレ体験談

もともと息子の成長には熱心でなかったうえに、娘の体験談があったので、あまり乗り気ではありませんでした。

息子が2歳半を過ぎた頃、自分から「トイレでしてみたい」と言ってきたので補助便座に乗せてみたところ、あっさり出てしまいました。それからも、気が向くと私に「おしっこする」と教えてくれます。あと2ケ月で3歳ですが、「それまでにオムツとバイバイしようね」とは約束しています。床が汚れるのが嫌なので、事前報告が完全にできるようになったら、履かせようと思っています。

まとめ

いかがだったでしょうか。あまりに対照的なので参考にならないかもしれませんが、オムツとは、取れるべき時が来たら自ずと取れるものなのだと思います。周りがオムツを外したと聞くと焦りますが、大丈夫。外れない子なんていませんから。自然に任せていても必ず取れると信じて、ゆったりと、トイレトレーニングに取り組んでくださいね。

あとがき【運営者】

私も息子が2人いますが、男性目線からの育児と女性目線での育児では大きく違いますね。丁度トイトレの頃はまだ会社員で妻に任せっきりでしたし、気がつけばおむつからパンツに変わっていたように思います。

こんな記事は私では書けないので参考になりますね。

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。またこれからも主婦の方々の生活の知恵を募集すると共に積極的に掲載していこうと思います。 @dnc_akiraでした。
Return Top