Webサービス

今更聞けない2分で設定出来る広告ブロック「Adblock」

SPONSORED LINK

Adblock

どうも〜加齢臭が気になってきだした@dnc_akiraです。

今回はサイトやブログを見ていると広告が並んでいて鬱陶しいと思っている方は少なくはないと思います。この広告を非表示にしたいと言う方にブラウザの拡張機能「AdBlock」の使い方をご紹介したいと思います。


「AdBlock」って何?

AdBlockは冒頭で書きましたとおりサイト・ブログに掲載されている広告を表示させないブラウザの拡張機能でFireFox・GoogleChrome・Safariに対応しています。

Adblock 1

  • FireFox拡張機能
  • GoogleChrome拡張機能
  • Safariメニューバー>Safari>Safari拡張機能>MostPopular>AdBlock

上記で拡張機能を導入することは可能です。但しAdBlockは全ての広告が消えるわけではないです。

 

導入するとこうなる

AdBlockをインストールすると表示の違いはこのように変わります。

Adblock before
Arrow
Adblock after

このように広告が消えているのがわかると思います。(それにしても口が臭いって広告が表示されるってことはアラフォーの僕に対する挑戦か)

逆にサイトによっては広告を表示させたい場合もあると思います。その場合はAdblockで除外や一時広告を表示させる等の設定も出来るのでご安心下さい。

 

あとがき

AdBlockは簡易的に広告をブロックする拡張機能なので、全ての広告が非表示になるわけではありません。
AdblockPlusというアドオンをインストールすれば細かな設定が可能になりますが、まぁ広告も良いメディアならデザインされて配置されているのでそこまでする必要があるかという事ですね。

 

今回は簡単に数分で設定できる広告非表示拡張機能と言う事で「Adblock」のご紹介をしましたがいかがだったでしょうか。もしお役に立ったら周りの方にシェアしてあげて下さいね。

Return Top