Webサービス

Google新サービス HDDを送るとクラウドにアップしてくれるようになる

SPONSORED LINK

Cloudhdd

Googleが現在アメリカでのみβテストを行なっているのが80ドルでHDDに入った大きなデータをクラウドにアップしてくるというものらしい。

実際にどのような使い方があるか考えてみました。


HDDクラウドアップサービスのココが疑問!

実際このサービスが日本に導入された場合、ユーザーはどのように利用するのでしょうか。

まだ情報がぜんぜん少ない状態なのですがHDDをクラウドに保存というわけですから、数TBくらいの容量は1ユーザーに確保されているのかと思います。あとはそのクラウド自体がどのように閲覧できるのかということです。

Mac・Windows・Android・iOSからデータの閲覧・編集が可能なのか?最低でもDropbox程度の速度は出るのかどうか

これらが使えるクラウドかどうかの条件になるのではないでしょうか。アップしてみたところ激重で中のファイルにはアクセス出来ないというのであれば、まず必要のないものになりますよね。

使い方はやはりバックアップ先?

使い方としてはやはり1年単位くらいで作業データのバックアップをとっておくという事でしょうか。HDD送ってクラウドにアップしてもらうほどの事といえばそれくらいしか考えられませんね。

でも、この容量自体は無料で貰えるとしたら話は大きく変わってきます。

Googleクラウド大容量化[勝手な予想]

Cloudhdd01

この80ドルでHDDをクラウドにアップしてくれるサービス。大容量のストレージなのは間違いないですよね。この容量自体に課金があるのかないのかは実際に発表がないと何とも言えませんが、もし無料なら他のクラウドサービスが全く必要なくなるレベル

速度が早く・共有できてセキュリティがしっかりしているなら、仕事・プライベートの多くはクラウドで行うようになるでしょう。

合わせてGoogle+でビジネス用途を足してしまえば、依存度は物凄いですよね。まぁ現時点では完全に妄想族なんですがw

あとがき

数年前に比べDropboxやEvernote他にも様々なクラウドサービスによって凄く便利になりました。さらなる物をGoogleが考えていても何ら不思議ではありません。単純に大容量化というだけでも利便性は格段にアップすると思います。

βテストが終わり正式にどのようなサービスになって発表されるのか楽しみにしておきましょう。
単純にHDDアップサービスだけという可能性も非常に高いんですけどね(笑)

Return Top