Webサービス

情報収集に使えるWEBツール「Gunosy(グノシー)」を使ってみた。

SPONSORED LINK

Gunosy01

情報収集に関してこれまで「RSS」や「はてな」について書いて来ましたが、今回は自分の好みの情報を選別して配信してくれるサービス「Gunosy(グノシー)」を使ってみたので登録方法から使用感等を紹介したいと思います。


登録方法

グノシーをブラウザで開くと、Facebook若しくはTwitterのアカウントを使って登録します。

また一方が登録が終われば、他のソーシャル(Facebook・Twitter・はてな)も関連付けるか聞いてきます。

Gunosy02

僕は全てのアカウントを取り敢えず関連付けておきました。

最後にメールでも配信するのか聞いてくるので「メール配信する」にチェックが入っているのを確認し登録完了です。(メール配信が要らない方はチェックを外しましょう)。

Gunosy03

5分もあれば登録自体はおつりがきますが、アカウントの情報が反映され情報を選別して送ってくるのに2時間程かかるようです。(まぁほっとけばいいのでw)

 

使い心地

まずPCの画面がこちらです。

Gunosy04

なかなか見やすい画面ではないでしょうか!
ちょっと画像では見えにくいのですが、右上にカレンダーアイコンがあってバックナンバーも簡単に見れるようになっています。

TwitterではApple系のリツイート、FacebookはInstagaramや仕事術や無駄話w、はてながデザイン系のブクマが多いので、取り敢えずソレ系の情報が並んでいるのかなぁと思います。

メールはどんな感じで届くかというと

Gunosy05

まぁPC版がワンカラムで表示されてくるという感じですね。
こちらは必要と思う方だけで良いかもしれません。

 

あとがき

こういったソーシャルと連携して情報を収集するサービスの特徴として使い続ける程情報が洗練されるところにあります。

長期間にわたりいいねやリツイート、ブックマークとしているうちにどんどん興味のある情報を収集してくれるのがありがたいですね。

毎日1回は目を通す新聞のような感覚で使うと非常に役に立つのではないでしょうか。

 

今回の「情報収集に使えるWEBツール「Gunosy(グノシー)」を使ってみた。」はいかがでしたでしょうか?もしこの記事があなたのお役に立ちましたらお友達にシェアしてあげて下さいね。

Return Top