Webサービス

設定5分で簡単ログ!iftttを使って自動化

SPONSORED LINK

Ifttt

iftttというサービスをご存知ですか?誰でも5分程度の設定で色んな作業が自動化出来る無料のサービスです。「え〜難しんじゃないの?」って思うかもしれませんが、英語もプログラムもできない僕でもあっさり設定できちゃいました。是非自分ログを一緒に自動化しましょう♪


iftttってどんなサービス

iftttは例えばFacebookの投稿をEverNoteに残すとか、Flickerにアップした写真をTwitterやEvernoteに送るとか「AのアクションをするとBを行う」といったWebサービスの連携を自動でしてくれるサービスです。

対応サービスもピックアップしますと

Ifttt 000

  • DropBox・EverNote
  • Facebook・Twitter
  • Flicker・Instagram
  • Foursquare
  • Gmail・GoogleCalender
  • WordPress・Tumblr

他にも数多くのサービスの組み合わせ連携させることが出来ます。

 

早速登録してみよう

まずiftttに登録しましょう。LINK:ifttt

Ifttt 001

上のLINKよりサイトに入るとこのような画面になります。右上の「Join」から登録できます。

Ifttt 002

必要事項を入力し「Create account」で登録は完了です。1分もかからず登録できますね。

 

実際にサービスを連携させてみよう

このiftttの特徴として何を今しているのかが非常に解りやすいデザインになっているので、迷うことはないかと思います。では早速サービスの連系手順を紹介します。「AのアクションをするとBを行う」を覚えておいて下さい

例:Instagramに投稿したら自動でTwitterにつぶやかれる

Ifttt 003

「Create a Task」を選んで下さい。はい登場しました、この「if this then that」このThisが先程の「AのアクションをするとBを行う」のAに当たります。

Thisをクリックするとサービスのアイコン一覧が出るので、Instagramのアイコンを選びます。

Ifttt 004

Instagramのアカウントでifttt(アプリ)との連携許可及び「何をした時」を選びます。

Ifttt 005

許可及び行動を選ぶとこの画面になります。「Any new photo be you」まぁ私が新しい写真を投稿した時ですね。

Ifttt 006

そして次は「that」として連携させるサービス(受け側)を選びます。「AのアクションをするとBを行う」Bの部分です。

今回は例の通りにTwitterを選びます。

Ifttt 007

Twitterに認証許可を出す画面へのリンクが表示されます。

Ifttt 008

また続きで投稿の内容も調整することが可能です。

Ifttt 009

これで関連付けることが出来ました。実際は3分程度でこの作業は完了すると思います、5分もかからずに設定できますね。

 

このようにサービスの連系を自動にすると、アプリ操作が簡単になる他、保存先をEverNoteにすれば忘れがちな自分ログも勝手に更新されていきますよね。いかに自分の負担を減らすかという事が長続きの秘訣だと思います。是非これを機会にあらゆることの自動化を進めてみてください

ただし!設定によっては公開したくないものがFacebookになんて事も起こりえるので、気をつけましょうね♪

Return Top