Webサービス

PAYPALを装ったメールに注意!不審なメールの対応方法

SPONSORED LINK

Paypal201301

今月に入り2通のPayPalを装った不審メールが私にも届きました。メールの内容はebayで何かを購入したようになっていて、見てくれはソックリなんです。

今回は身に覚えのない不審メールが届いた時の対処法についてです。


PaiPal不審メールの実態

今回私に届いた不審メール2通の共通として、PayPalからebayで何かを購入した時の決済が出来ない旨のメールが来ました。(残念ながらキャプチャ撮るの忘れて削除しちゃいました)

もちろん身に覚えのない取引なので

「やられた!」

って思ってPayPalにログインしてみると

Paypal201302

何の取引も起こってないぞ!って事で私がここで思ったのが「敵は完全に私の情報を抜けているわけではないな( ̄ー ̄)ニヤリ」

実際以前に楽天のクレジットカードでやられた経験を持つ私としては、焦ること無くPayPalに連絡したのです。
(余談ですが、楽天の時は数万円の取引が既に完了してたのですが楽天に問い合わせ被害届を出し、全額返金してくれました。)

参考:ペイパルを装った不審な電子メールにご注意ください

 

PayPal不審メールに対する対処法

こういうのは焦らず連絡したら対応してくれるというのはわかってるので連絡しましょう。

不審メールの報告方法

Paypal201303

ログイン後の上部メニュー「問題解決センター」をクリックし書いての方のためのヒント「PayPalは、問題のある取引の解決をサポートいたします」をクリック

 

Paypal201304

左メニューの「フィッシング(偽)メールを報告する」をクリックすると、送られてきたメールを転送する先のアドレスが表示されるので、見に覚えのない取引のメールを転送します。

 

Paypal201305

そしてPayPalから返信メールが届きます。
実際にここでフィッシングメールだというのがわかりますのでメール内容の注意事項に従って下さい。

 

もし取引内容があった場合

私の場合は取引が起こっていなかったのですが、何らかで情報が漏洩し実際に取引が確定されていた場合は速やかにPayPalに連絡しアカウントを一旦停止する必要があります。

カスタマーサービスに連絡後、返金補償の為の手続き方法を確認して、返金を受けるようにしましょう。

何がキッカケで漏洩するかわからないので、十分に注意は必要ですがもし起こってしまっても焦らず連絡すれば大丈夫です。

一番怖いのは自己判断。

取り返しがつかなくなる前にちゃんと問い合わせるようにして下さい。

 

今回の「PAYPALを装ったメールに注意!不審なメールの対応方法」はいかがでしたでしょうか?もしこの記事があなたのお役に立ちましたらお友達にシェアしてあげて下さいね。

Return Top