Webサービス

SNSの集まりに便利なミニ名刺「Pocketer」で名刺を作ってみた。

SPONSORED LINK

ミニ名刺Pocketer

先日打合せで名刺を渡したところ、なんと携帯の番号が以前のままという大失態。最近携帯とiPhoneの2台持ちからiPhoneしか持ち歩かなくなったこともあり、まだ名刺は残っているが新しく作成することにしました。

一応フリーでいろいろとやってるので、やっぱ取引先に覚えてもらう為にもインパクトのあるものがいいかなぁと思います。名刺デザインを考えていたところ、ミニ名刺「Pocketer」を思い出しサイズも小さいし面白いかも!ということでPocketerで名刺を作った手順なんかを説明しようと思います。

Pocketerの良いところ

デザイン名刺

デザインが苦手な方でもデザイナーが提供する素材がありお洒落な名刺が作れます。サイズが3cm☓7cmと小さく持ち運びのスペースもさることながら相手にインパクトが与えられます。1枚1枚違う画像を使うことも可能なので楽しめます。

Pocketerの利用方法

1.画像選びorアップロード

Pocketerにある写真を選んだり、自分の手持ちの画像(写真)をアップロードします。

Pocketer手順1Pocketer手順1

僕は手持ちの画像をアップしてみました。複数枚アップしておいて利用する画像を後で選ぶ事も出来ます。

 

2.名刺に利用する部分を選ぶ(トリミング)

名刺で利用する部分をどこにするか選びます。中央でよければそのまま次のステップへ

Pocketer手順2

細かい反映位置を納得いくまで調整しましょう。

 

3.表デザインの入力

名前等オモテ面のテキストを入力します。

Pocketer手順3

このような感じでテキストで表示したい文言を入力します。画像ではBlog名やアドレスを書いていますが、勿論会社名・氏名・連絡先でOKです。色や絵文字も選べるのがいいですね。

あとは支払い方法について入力すれば完成です。凄く簡単ですね。

 

名刺を作った感想

作ってみた感想としては、簡単に作成出来るのは良いですが、細かな調整(特にテキスト部分)は自由度が少ないので改善して欲しいと思いました。あとはオモテ面のPocketerの文字、これはどうなんだろう?というのが正直な感想ですね。

実際写真面に会社名を入れたような写真をアップすれば仕事でも十分使えると思いますが、画像部をデフォルトから選んだ場合はなかなか仕事には利用しにくいかも。

それこそ、FaceBookやTwitter、Blogのオフ会のようにソーシャル用の名刺を割りきってしまえばクオリティの高い良い名刺が出来ると思います。

LINK:Pocketer

Return Top