Webサービス

表現をすると言う事の快感とソーシャル

SPONSORED LINK

表現するという事の快感

表現をすると言う事で快感を得られたと言うことはないですか?今回はソーシャルネットワークの普及と表現による快感について思ったことを書いてみようと思います。

現在アラフォーの私も若い頃はあったわけでして、その頃は夢中でバンドに取り組んだ事もありました。モテたかったからという不純な同期で始めたバンドも段々と「もっと上手くなりたい!」と寝ても覚めても楽器を触ってたことを思い出します。

この頃はバンドでのライブを通して、自分が表現者になり「表現する事で快感が得られていたのです。」

 

■ソーシャルメディアの普及で個人が表現者になった。

Twitter・Facebook等ソーシャルメディアが爆発的人気の背景には個人一人ひとりが表現者になったことです。昔であれば「巧みな話術の芸人」「綺麗な歌声の歌手」「パーフォーマンスが凄いダンサー」というように突出した表現力を有する方々でなければ公の場で不特定多数に自分を表現する場がなかった。しかし現在はどうでしょう。Twitterのつぶやきがあっという間に不特定多数に公開されるわけですから、面白いのは当り前なんですよね。

LINK:Twitter

 

■写真を加工して褒められる快感

Instagr am

私は常々スマートフォンのヒットの要因の1つとして写真に関するアプリケーションの充実があると思ってます。というのも身近なものを撮影してスマホのAppで加工・編集して写真共有サービスでアップする。InstagramなんかでPopularになったらかなり嬉しいようです(妻談)

ここでも表現することで快感を得られているわけですね。

LINK:Instagram

 

■ブログは最高の表現場

WordPress | 日本語

昔バンドしていた私も今や売れないブロガー(笑)でも表現する楽しさを知ってしまっているから辞められないんですよね。今回のこの記事でもそうですがかなりの自己満足記事!でも書きながら恐らく脳内麻薬は出まくっているのです。

以前にソーシャルに慣れたら無料でブログを始めませんかというような記事を書きましたが、これはTwitterやFacebook・Instagramでは表現しきれない事がブログでは可能なのです。自分の思いを発信する手段としては一番出来ることが多いですね。

 

あまり外では触れられない違う見方でソーシャルの普及を分析してみましたが、大きく関係していると思います。文章・画像・動画は既に簡単に配信できる状態になっています。今後技術の進歩で更なる表現がネット上で公開できるようになるのが楽しみでしょうがないですね。

Return Top