Webサービス

ソーシャルで集客出来ない方の勘違い!たった1つで大きく改善

SPONSORED LINK

S cafe

先日書いた「フリーランスの私の様々なリスク解消方法」の中のソーシャルでの集客の部分が思いの外、食いつきがよくて幾つかDMやメッセージを貰いました。

また私がお手伝いしている店舗さんからも質問があったので、ソーシャルでの集客だけを抜き出してまとめてみたいと思います。


失敗の原因 発言しても誰も気にしていない

まず大きな勘違いの要因としてソーシャルには「リアルな友達」と「友達の友達」そして「友達・フォロワーを増やしたいだけ」の方が大抵友達になってくるという点です。

これまでWEB上で発言したことが無い方がFacebookやTwitterで発言し「リアルな友達」と「友達の友達」がいいねしてくれると嬉しい+「俺ってもしかしてスゲー」的な勘違いに陥りやすい。

それはリアルな店舗を持つ方やブロガーのようなWEB上で展開する方のどちらにも当てはまります。

そうした「いいね」での拡散力なんて精々「再従兄弟(はとこ)」止まり。ごく小数の仲間内での情報の共有では、リアルな店舗が実感としてFacebookで集客ができていると思える日は永遠にやってこないでしょう。

偉そうに書いてますが、私自身も同じようなもので日本でソーシャルを何らかの形で使っている方のほぼ100%が私の発言なんかに興味がないのです。

じゃぁ店舗がFacebookページなんか始めても仕方ない?いやいやそんな事はありません。ガンガン情報を共有しましょう。この共有が大事なんです。

それでは先日のコーヒーショップの例でもう一度考え直してみましょう。

とあるコーヒーショップのソーシャル戦略

S cafe01

コーヒーショップ店長が一言発起し「これからはWEBの時代!ソーシャルをうちも取り入れよう!」とFacebookページやTwitterを開始。投稿している内容は

  • コーヒーのうんちく
  • コーヒーショップの営業状況
  • マスターの生活

自分の友人や仲の良いお客さんは「いいね」をくれるが一向に客は増えるどころか発言を見られているような気がしない。そのうち投稿のネタが無くなり、投稿するのも止めてしまいました。

フィクションですが非常によくある話です。では何故多くの方が同じようにやめてしまうのか原因を考えると「発言しても誰も気にしていない」からなんです。

そりゃそうですよね。見ず知らずのおっさんがコーヒーの話をしてても興味は湧きません。でもそんな事を言ってたらFacebookやTwitterではブランディングなんて出来ないよね。

そうじゃなくて興味を持たれる「キッカケ」が必要なんです。

ターゲット(客層)の分析をしてみる

ここで自分の発言に興味を持ってくれそうな、そしてお客さんになってくれそうな客層(ターゲット)を考えてみましょう。

  • 専業主婦(幼稚園お迎え前の女子会)
  • サラリーマン(営業時の休憩や食事)
  • おしゃれなお店が好きな若い女性・カップル
  • ノマドワークが出来る場所を探している人
  • 純粋にコーヒーが好きな人

勿論お店の立地条件で客層は変わってきますが、とにかくこういう方たちがターゲットになるのではないでしょうか。現在これらを満たしているコーヒーショップで思いつくことはないですか?そうスターバックスやタリーズなんかが該当すると思います。

因みにスターバックスジャパンのFacebookページは90万人に「いいね」されています。

S cafe02

ここで有名な物の力を借りて、少しでも多くの方に自分の投稿を目に留めて貰いましょう。

共通の話題でアイコンを覚えてもらう

話は興味を持ってもらう事にもどりますが、このスターバックスやタリーズ他コーヒーに関することなら缶コーヒーに至るまで共有していきます。そうすることで、まず有名なコーヒーのネームバリューでその投稿が多くの方の目に止まります。

幾度となく目に留まるようになると、アイコンで共通の興味を持った方という認識になりその人の投稿には自然と目がいくようになります。少なくとも全く興味がなかった時点からすれば格段な飛躍です。

そうして共通の話題からアイコンが覚えられ、投稿に自分の店舗の情報を入れると全く知らない人の投稿ではなくなっていますから「1度行ってみようかな」と思われやすくなるのです。

コーヒーに詳しいなら飲み比べなんかを投稿すると更に人の目につくアカウントに成長しますね。

まとめ

これはブロガーの私でも同じでInfoBackerって無名なブログが書いている投稿よりLifeHackerやネタフルなんて投稿は目に止まりますよね。そうしたメジャーの共有で自分の関心・興味をまとめ自分を特徴づけることは可能です。

今回のたった1つの改善策は、メジャーなものの共有で自分の投稿を目に留め覚えてもらう
地道な共有作業は必要ですが、全く誰にも見られなかった発言が半年後には多くの方に見られるように変わると思います。

Return Top