Webサービス

無料ネットショップの始め方Vol.1 「STORES」でショップを作ってみた。

SPONSORED LINK

Stores01

実は地元の友人3人で今年からスマホケースの開発をしていたわけですが、今回第一弾をリリースすることになりまして、製品の紹介がてらSTORESを使って販売ページを作成したので手順を紹介しようと思います。

写真さえ取っていれば誰でも簡単に作れるので、ハンドメイドクラフトなんか売ってみようかなという方におすすめです。


STORESは無料でネットショップが始められる

まずSTORESの概要を説明します。

STORESは商品写真を数点用意すれば、無料でネットショップの運営が開始できるオンラインサービスです。
※無料は商品5点まで、5点以上の場合は月額980円。無料版は機能制限あり

写真を選んでアップし商品説明を入力するだけで30分もあればネットショップがオープン出来る優れものです。

私は現在商品が1点なので迷わずSTORESに登録してみました。

 

STORESでネットショップを作る手順

STORESにアクセスし『ストアを作る(無料)』をクリックします。メールアドレスとパスワードを入力後規約を確認して『はじめる』をクリックで直ぐに始められます。

Stores02

始めるをクリック後にメニューが表示されます。

  • ストアデザイン:ストア全体のデザイン
  • アイテムの登録:商品の登録(写真・説明文・価格)
  • オーダーリスト:注文・配送先の情報確認
  • 登録情報:振込口座の設定はここから
  • ストア設定:ストアの説明や特定商取引法・支払い方法
  • 入金確認:入金額・予定の確認
  • マーケティング(有料版のみ)
  • アクセス解析(有料版のみ)

この中からまずは商品を早速登録してみます。

 

アイテムの登録

ここでは商品の画像(数点)・商品紹介文・在庫数・複数の商品がある場合のカテゴリー等を入力します。

Stores03
Stores04

前もって商品紹介文は考えておくとコピペで入力は完了ですね。
価格・送料・配送方法等も説明文に書いておきましょう。

 

ストア設定

次にストアの説明や特定商取引法に関する表記といったストアに関わる基本情報を『ストア設定』から入力します。

Stores05

ストア情報はどういうコンセプトのストアなのかを簡単に書いてみました。
特定商取引法に関する表記は販売者の情報や取引に関わる諸注意をしっかりと記入します。お支払い方法は”銀行振込・クレジットカード・代引き”の3つから選べます。私はオーダーメイド専門店なので銀行振込・クレジットカード決済を選びました。

※注意:クレジットカードにてアイテムが購入された場合のみ、別途決済手数料5%が発生致します。

 

登録情報の設定

ここでは『振り込み先口座』の登録だけ済ませます。ストアで使う口座を用意し入力すれば終わりです。

ストアデザイン

最後にストア全体のデザインを変更していきます。

Stores06

感覚的に使えると思いますが、ここではストア名の表示を画像で作成すればアップすることが出来ます。

背景は様々な色・パターン・アップロードから選べるので商品のイメージに合わせてパターンの中から選んでも良いかもしれませんね。

レイアウトも7パターン用意されていますが、私の場合は現在商品が1点なので選ぶ余地もありませんでした。

最後に送料の有無・金額を設定してデザインは完成です。

全然難しくないですね。事前準備で商品写真や説明文、ロゴ・背景の画像を用意しておけばあっという間にネットショップが開業できました。

iPhoneケースショップオーダーメイド レザークラフト C3

Stores07
Stores08

 

あとがき

実はもう一つインドネシアの雑貨のネットショップも近々オープンする予定でして、その時には違う無料のサービスを使ってみようと思っています。

そちらも今月中には作成しようと思っているので、ネットショップ開業に興味がある方で時間の許せる方は少しお待ちくださいね。

Stores.jpStores.jp
公式ウェブ

今回の「無料でネットショップが運営できる「STORES」でショップを作ってみた。」はいかがでしたでしょうか?もしこの記事があなたのお役に立ちましたらお友達にシェアしてあげて下さいね。

Return Top