Webサービス

とにかく共有!Twitter+EverNoteで情報をストックする方法

SPONSORED LINK

Twieva

ネットサーフィンやソーシャルを使っていると後で読み返したいような記事や発言に出会うと思います。

そういった記事や発言は積極的に共有していくことで、ツイエバというサービスを使えば毎日のツイートをEvernoteにまとめて保存することが出来るようになります。


気になる記事はとにかくツイートする

最終的にEvernoteにリンクを残せるというだけでなく、自分が気になる記事をどんどんツイートすることで自分の興味と似通ったユーザーとの接触が可能になります。

そういった言わば「偏り」がTwitterの魅力であり使う意義だとも思います。

広く浅い視野というのも必要ですが、やはり楽しめるのは同じ興味を持ったユーザーのグループ。Twitterはそうした自分の興味を中心としたグループをフォローによって作るサービスではないでしょうか。

タイトル+見出しでツイートを決定する

とにかく情報化社会の今、興味があるジャンルの記事といっても毎日数百は更新されていると思います。そういった記事の全てに目を通すのは非常に大変。

記事タイトル+文中の見出しを見てツイートするか決めましょう。

タイトルと見出しをみると自分が後でしっかりと読みたいものかの判断材料になると思います。そこで自分にとっての良記事をシェアする事で、この後に書くEverNoteへの自動保存・フォロワーに自分の興味を紹介する事が出来るわけです。

もし戦略的に使っているという方は、こういったシェアは偏れば偏るほど戦略的なアピールが可能になります。

自分のツイートを毎日まとめてEverNoteに自動保存

ツイエバというサービスをご存知でしょうか。このサービスは自分のツイート履歴を1日分まとめてEverNoteに保存してくれるサービスです。

無料で利用できますが、自分宛のメンションも保存したいという方は月額300円のプレミアムサービスに登録しましょう。

私は無料で利用していますが、自分のつぶやきを全てEverNoteに送れます。毎日の気になる記事をツイートでシェアしておけば全てストックされるため、言わばTwitterを使った気になるニュースが保存されていくわけです。

Twieva01

あとで見返す時に日付で検索してもいいですし、ツイート文のキーワードでもヒットするので目的に記事も見つけやすいです。

まとめ

取り敢えずTwitterとEverNoteを特に使っている方向けの記事になっていますが、Twitterを上手く使えていないという方にもTwitterを使う理由が出来たのでかないでしょうかw

思った以上に便利なTwitter+Evernoteでの情報管理、是非試してみて下さい。

Return Top