仕事効率化

クラウドを使えば出来る男という訳ではないが私がクラウドを使う理由

SPONSORED LINK

Cloud

最近友人や取引先にスマートフォンやEvernoteを使いこなして凄いと言われますが、全然まだまだ対したことなくて模索しているところです。
ただ、良くスマホでクラウドを使いこなしているのが凄いという風潮はどうなんだろうなと思います。


私がクラウドに依存する一番の理由

私が思うにいつ消えちゃうかもわからないクラウドで管理するよりもノートやシステム手帳でビシッと管理できてる方の方が出来る人というイメージがあります。

では、何故私はそうしないのかというと幾つか理由があるのですが

  • 字がきたない。
  • 手帳もしくはペンを忘れる。
  • 打ち合わせで資料をiPadで見せればペーパーレスになる。

しっかり掘り下げると幾らでも出てきそうなんですが主な理由はこの3点かと思います。

まず1番目の字がきたないという部分ですが、小学校の時硬筆検定5級を滑ったほどの腕前です。早く書くと自分でも解読できない状態なので打ち合わせでキーワードを書いておけば内容を思い出して再度入力しクラウドに保管しておきます。

2番目の「手帳もしくはペンを忘れる」というのは打ち合わせ時に手帳がないもしくはペンがないという状況は最悪です。
途中で気づいてコンビニで購入したのがペンならいいですがノートの場合はそのノートを今度はどうやって現在の手帳と連携させるのか迷ってしまいます。

これがiPhoneなら電話って携帯する習慣があるのでまず忘れる事がないですよね。最悪PCを忘れてもクラウドにつなげてiPhoneで確認もできますし、ネットカフェで確認も出来ますよね(ただし履歴の削除は忘れないように)

3番目の「打ち合わせで資料をiPadで見せればペーパーレスになる。」これは私のようなフリーランサーは経費の節約になります。
iPadを顧客に渡して資料を見せながら自分は同じ資料をiPhoneで確認しながら打ち合わせが可能です。

打ち合わせが上手くいき資料が必要な場合は、後で添付してメールで送ればいいわけですし、資料を渡された相手もゴミが少なくてすみますよね。

 

あとがき

手帳にさっと書き込んで打ち合わせからスケジュール管理ができてる方は無理にクラウドに移行してしまう必要は全くないと思います。

クラウド利用はどこでも確認出来るツールの一つという感じで自分に合った使い道を模索していくのが楽しいのではないでしょうか。

あのMOLESKINの手帳をメモだけでなく絵を書いたりマインドマップを書いたりと、本当に使いこなしている方のようなEverNoteやクラウド管理出来れば素晴らしいですね。

 

今回の「クラウドを使えば出来る男という訳ではないが私がクラウドを使う理由」はいかがでしたでしょうか?もしこの記事があなたのお役に立ちましたらお友達にシェアしてあげて下さいね。

Return Top