仕事効率化

クラウド時代の受発注はこうも変わるのか「クラウドワークス」で始める新しい仕事の形

SPONSORED LINK

Cloudwork01

数年前からSOHOなんて働き方がありますが、最近では更に一歩進んだ形で技術のある方を求める企業と仕事を探すエンジニア・デザイナーをつなげるサービスが増えてきています。


どんな仕事を受発注出来るのか

このようなWEB上で仕事の受発注が出来たり、コンペが出来たりするサービスは多く増えてきています。

今回は「クラウドワークス」というサービスにスポットを当てて内容をご紹介したいと思います。

仕事としては多くのデザイナー・エンジニアが登録しています。仕事の内容としては

  • WEB開発
  • iPhoneやAndroidアプリの開発
  • その他システム開発
  • ホームページ制作
  • ロゴ制作
  • バナー制作
  • イラスト・キャラクターデザイン
  • チラシ・ポスターデザイン
  • 画像加工・写真撮影処理
  • 記事・コンテンツ作成
  • ブログライティング
  • データ収集・データ入力
  • テープ起こし
  • SEO・広告・マーケティング
  • コンサルティング・調査

といった「開発」「デザイン」「ライティング」「事務」といった技術・経験者に仕事が発注出来るようになっています。

仕事を探している方も専門職経験者からタイピングが出来る程度の方まで受注が出来るようになっています。

仕事はコンペ方式・固定報酬制・時給制があり、固定報酬制では百万を超える発注も見られるというのが、他のBtoCサイトと比べ本格的だと言うことが感じられます。

 

離れていても仕事が進められる!これからの個人ビジネス

登録者の中には海外在住の方も多く見られ、GoogleハングアウトやSkypeを使った打ち合わせで仕事をこなしているようです。

こうなると能力があれば仕事は出来ます。

制作例等を持っていれば募集時に一緒に見せることで発注を受けやすくすることが可能になります。

可能な限りの仕事を受けられるので副業でも十分成り立つ仕事依頼も多いです。

これらから考えると今後の仕事のやり方も大きく変わってくると思います。個人としての受注が簡単になり、そこに需要さえあれば仕事はどんどん請けられます。

会社に属さなくてもWEB上で仕事が出来る環境にまた一歩前進したような気がします。

何よりこれまでのSOHOビジネスより一段とと本格的になっているのが今回紹介した「クラウドワークス」だと思います。

 

LINK:クラウドワークス

 

あとがき

ゆくゆくはインドネシアでのんびり仕事がしたいと思っている私には凄くありがたいサービス。

今の仕事が落ち着いたら登録してみようと思います。

今回の「クラウド時代の受発注はこうも変わるのか「クラウドワークス」で始める新しい仕事の形」はいかがでしたでしょうか?もしこの記事があなたのお役に立ちましたらお友達にシェアしてあげて下さいね。

Return Top