仕事効率化

机の上が片付かない全ての方におくる整理術

SPONSORED LINK

Desk

こう見えて結構自分の机の周りは綺麗にしている私が、私なりの机を綺麗にしておく整理方法について書いてみたいと思います。
机がなかなか片付かない方の参考になればいいのですがw


机上には必要最低限の物+アクセント

A0002 002882

机上に置くものは必要最低限のものだけを置くようにしましょう。

例えば

  • PC
  • 電話
  • メモ
  • 現在進行中の書類

以上、いらないものは机上には置かない。

+アクセントというのは観葉植物であったり、パワーストーンであったり自分のお気に入りのアクセサリを一つだけ置くようにします。

ここで、残りの机の上や引き出しの中にあった物をどうするかと言う事ですね。

 

エリア分けで完全仕分け

A0002 001028

まず袖机や引き出しがある机の方の場合は自分により近い所からエリアを決めて整理するようにしましょう。

また袖机、引き出しがない方は机の近くに整理する棚を設けるなどで対応します。(私はこのパターンです。)

まず机の上、中、周りにあるもの全てをまとめます。そしてそこから分別していくわけです。

  • ほぼ毎日使うもの「A」
  • 週に1回は使うもの「B」
  • 月に1回は使うもの「C」
  • 月に1回も使わないもの「D」

これで必要な物の優先順位が出来たので引き出し、棚等を使ってAが一番自分の近い場所に来るように整理していきます。

例えばAは袖机の最上部・Bは2段目・Cは3段目・小物は袖机最上部の手前にA、中程にB、奥にCという感じで整理します。

よく使うものが一番手に取り安い場所にあるので、仕事中もストレスを感じずに作業を進める事が出来ると思います。

 

EverNoteもしくはメモの活用

上記ではあえて”月に1回も使わないもの「D」”についてふれませんでした。もし必要でないと判断出来るものなら処分しちゃいましょう。

終わったプロジェクトの資料なんかもそうですね。必要な時が来るかもと言う時はスキャンをとって保存してもいいですね。

私は大半捨てちゃうんですが、これ捨てるの怖いなぁと感じたものは書類・備品置き場(押入れw)に保管します。

ここで、以前紹介した衣替えのシーズンは片付け+クラウドで完全整理と同じ事なんですが、離れた場所に保管する場合

  • 何を:アイテム名
  • 場所:広範囲での場所(押入れ、階段下等)
  • 収納分類:収納先の名前(ダンボール箱A等)

といった感じで直ぐに探せるようにしています。これを1年後見返してやっぱり要らないから捨てようという事が多いですw

 

あとがき

毎日の習慣として1日10分でも机の上に広がった書類・文房具をエリアに分けるようにするだけで、結構机って片付くものです。

基本は何も置かない!必要最低限に絞れば仕事にも集中できますよ。

 

今回の「机の上が片付かない全ての方におくる整理術」はいかがでしたでしょうか?もしこの記事があなたのお役に立ちましたらお友達にシェアしてあげて下さいね。

Return Top