仕事効率化

Evernoteへのクリップは「後で読む」サービスを介すると綺麗にクリップされるのね

SPONSORED LINK

Evernote

多くの方がEverNoteを使ってWEBで見つけた記事を保存していると思います。でもWEBブラウザで記事をクリップする時「記事だけクリップできね〜」ってブログもありますよね。また保存した後EverNoteを確認すると「空白めっちゃ入ってるやん!」てなりますよね。「後で読むサービス」を介すると実はこれが一気に解決出来ちゃうのです。

私の場合の情報収集方法は

  1. RSSでタイトルと内容を少しみて後で見るに保存
  2. 後で見るで記事を読んで残したい時はEverNoteにクリップ
  3. EverNoteで整理

このような順番で大体記事を読んで必要な物だけストックしていきます。
しかしこの「EverNoteで整理」が結構大変で

例えばこの記事を使って解説すると

Evernoteclip

これがストックする記事の場合、上の記事本文の下に共有ボタン・広告・Facebookページがあるのが解りますよね。でもこんな部分って「EverNote」には必要ない部分

 

これをGoogleChromeの拡張機能「Evernote Web クリッパー」を使って保存するとこうなります。

Evernoteclip2

このように無駄な空白が残ったクリップになってしまいます。例えば記事の一番下だけならいいですが、記事のタイトルの下に空白がって嫌ですよね(--〆)

 

ワンクッション入れれば見違えます

今回私はこれを解消するために2つのやり方を試してみました

  1. Reederアプリで直接クリップ
  2. 後で読むサービスのテキスト表示からクリップ

1つめはMacユーザー向けになりますが、2つめはWindows・Mac共に利用できるやり方で最善のものだと思います。では1つずつ解説してみます。

 

Reederの場合

MacApp「Reeder」のEverNoteへクリップする機能で直接クリップするとどうなるのか

Evernoteclip3

不要な部分は完全になくなりましたが、関連記事やタグの部分も表示されていません。あと、写真の位置指定もリセットされ全体に左に寄ってしまいます。
ですが、余分な空白等なくなるので全然イイですよね(^O^)

 

後で読むサービス(Instapaper・Pocket)を介する場合

この後で読むサービスと言われるInstaPaperPocket(旧Read it Later)に一旦ストックしそこからEverNoteにクリップすることを私は一番推奨します。

Evernoteclip4

このように、不要な空白は一切なくなり、記事のタグ・関連記事情報は残るのです。

一見まわりくどくて面倒だなぁと思うかも知れませんが、EverNoteを使い続ける上でWEBクリップはどんどん増えていくと思います。折角の自分のストックした記事が空白だらけって嫌じゃないですか。またそれを一つ一つ修正なんて、それこそ面倒ですよね。

「急がばまわれ」ということわざのように、間違いなくEverNoteライフが楽になるのではないでしょうか。他にもっと良い方法を知っている方は「お願いします。教えてくださいm(__)m」

Return Top