仕事効率化

GoogleChromeの拡張機能でRSSを更に快適に使う

SPONSORED LINK

RSS情報収集

情報収集にRSSを使う利点や方法を数日に渡って紹介してきましたが、ようやく一区切りです。今回はGoogleChromeの拡張機能を使って更にRSSを使いやすくする方法をご紹介したいと思います。


RSS登録を簡単にする拡張機能

ブログを見ていていいなぁと思ったブログをRSSに登録する場合、RSS登録用のリンクをクリックします。

当ブログで言うと

InfoBacker

このRSS登録用のボタンが上部や目立つところにあればいいのですが、探すのは大変ですよね。そこで非常に便利なのがGoggleChromeの拡張機能「Google reader RSS Subscriber」です。(提供終了?)

RSS

この様に、Chromeアドレスバーに常に表示(RSS登録が出来るサイト閲覧時のみ)されるので、RSS登録ボタンを探す必要がなくなります。

気になるサイト・ブログが見つかればこのアイコンをクリックするだけなので非常に簡単です。

 

RSSを読むのが楽しくなるChromeアプリ

GoogleChromeにはRSSを読むためのデザインに優れたアプリケーションが多く出ています。今回は特に人気の2つを紹介します。

NewsSquares

NewsSquares

う〜んどこかWindows8チックなインターフェイスですが、スタイリッシュですね。RSSを読むのが楽しくなりそうです。

 

feedly

Feedly

こちらはマガジン風のレイアウトでRSSが読めます。読みやすそうですね。

 

どちらも非常に綺麗なデザインなんですが、私のように毎日2000記事近くのタイトルをチェックするにはちょっと使いにくい気がします。でも綺麗なのでこれから始める方にはオススメだと思います。

 

Macユーザーならこのアプリ-番外編

ちょっと番外編としてMacユーザーの私が利用している快適なRSS用アプリケーションをご紹介したいと思います。

Reeder

850円とちょっとお高いのですが非常に便利です。ごちゃごちゃしていないのでタイトルをドンドン流していける。「後で読むサービス」に気になる記事をドンドン送れる。EVERNOTEに保存可能。ツイート可能という風にあらゆるサービスと連携出来ます。

iPhone/iPadにも同じアプリがあり、全て同じ機能がついているので使いやすい(慣れる)です。

 

最後は番外編として紹介しましたがRSSで情報収集を続けていくには、続けていけるだけの環境づくりは非常に大切だと思います。面白く無いと長続きはしません。
最初は少しづつ綺麗なデザインのリーダーアプリで読んで、多くなってきたらタイトルを流し読み出来るよなものに変えていけば良いわけです。

習慣化させるためのGoogleChromeの拡張機能を使ってRSS購読を楽しんで下さい。

Return Top