仕事効率化

GTDとTodoの違いって解りますか?知っておきたいタスク管理術

SPONSORED LINK

Gtd

最近良くライフハック系のブログで紹介されるタスク管理術。GTDやTodoという言葉を良く目にすると思います。実はこの2つは似て非なるものとして認識する必要があるのです。


GTDとTodoの大きな違い

ついこの間友人から「GTDとTodoって同じでしょ」的な意見を言われたのですが、凄く似ていますが私の中では全然違うものでした。

Todoは例えるなら今日する事が書き出されているリストのようなもので、Todoを見ながら今日やらなければいけないタスクをこなしていきます。

GTDは現時点での自分の状況(場所・必要な物・時間)から今出来る最適なタスクを表示させてこなしていきます。

この違い解りますか?(例えが下手ですいません)

前者は「いつ何をする」というような時・期限主体で管理し、後者は「外出先であと30分だから何をしよう」と言った状況主体で管理するわけです。

この違いはAppの機能にも如実に現れています。

 

ThingsとOmniFocusの決定的な違い

最初にThingsはGTDとしても使えますが、Things2にバージョンアップしさらにTodoとしての機能が全面に出たように思います。

Thingsの今日という管理機能で今日するタスクを表示させそれを見ながらどんどんタスクをこなしていきます。

一方OmniFocusはタスクが出来る状況を考えて管理する事で、状況に合わせてタスクをこなしていきます。実はこの管理方法がGTDそのものなのですが使いこなせない方が多い理由の一つでもあります。

OmniFocusの豊富な機能を使えばGTDとして今やれる事が表示され迷う事なく作業できます。使いこなすには事前準備と機能を理解しないといけません。

ThingsはGTDも出来るTodoAppなのでまず今日やることを表示させれば、誰でも簡単に使うことが出来ます。
以前にGTDをThingsで行う記事を書いたようにGTDにも使えますが、本格的なGTDという意味ではOmniFocusに劣ります。

 

あとがき

ちょっと解りにくいかなと思いながらGTDとTodoの違いを書いてみましたがどうでしょうか?

あと良くある質問でThingsとOmniFocusどちらが良いのかも聞かれますが

私は毎日タスクが今日に表示され、タスクをどんどんこなして行く方が自分にあっているのでThingsを使う事が多いです。週間で目標期限と表示させる日付を決めておき朝に今日は何をするかを決定する感じです。

OmniFocusは根本的にそういった追われるタスク管理して使うものではないように思います。

 

今回の「GTDとTodoの違いって解りますか?知っておきたいタスク管理術」はいかがでしたでしょうか?もしこの記事があなたのお役に立ちましたらお友達にシェアしてあげて下さいね。

Return Top