仕事効率化

思いついたら全てを残す。スマホ激速アイデアストック術

SPONSORED LINK

Evernote

突然頭の中に湧いて出たアイデアの処理をどうしていますか?紙でメモに取っていますか?それともPC内に保存していますか?

アイデアはやるやらないに関わらず自分の資産です。今回はアイデアが浮かんだ時の私のストック術をご紹介します。


EverNoteにアイデアは集約する

もう皆さんご存知のEvernote。あらゆる情報をストックできる便利なサービスです。
私はこのEvernoteに「アイデア」というノートブックを作成しています。普段思いついた事などは全てこの「アイデア」というノートブックに整理もせずストックします。

まず1つ目はこのストックしているという安心感。これで堂々と忘れても良いわけですね。でも、ストックするだけじゃ埋もれてしまい有効に使えません。

そこで週1回もしくは月1回そのアイデア部分だけを整理します。では整理はどういう風にするのか例を上げてみると

  • タグをつける
  • つぶやいて削除・ブログで書いて削除
  • 必要に応じてTodoへ

思いついた「アイデアの質」にもよりますが
行動に移すようなものではないアイデア(例:デザインの参考になりそうな写真・仕事に活用できるような言い回し)このような「辞書」的にストックしておきたいものはタグを付けて保存します。

誰かに聞かせたいアイデアの場合はTwitter等のソーシャル、ブログで投稿したら削除します。

行動に即移したいもしくは、いつかやりたいというアイデアはEVERNOTEに「すぐやる・いつかやる」といったノートブックを作成しそこに移動します。同時にタスク管理ツールを使っている時はそこに転載します。

これでアイデアのストックと管理は完了です。ここから実際にアイデアを行動に移す為のタスク管理へと移行するわけです。

 

ストックから行動に移すタスク管理

EverNoteに記述したアイデアの中でも今後やりたいようなアイデアは概ね大きなプロジェクトになるようなアイデアだと思います。

例えば

  • ブログを始めよう

というアイデアだった時このブログを初めてみるという「プロジェクト」の中には小さなタスクが無数に含まれています。

タスク管理に移す理由は唯一つ、アイデアを遂行するための自分の行動を全て書き出すという事だけです。

先ほどの例に例えると

  • 無料ブログ・WordPressどちらで始めるか考える(ググってみる)
  • WordPressの設置方法を調べる
  • ドメイン・レンタルサーバーについて調べる
  • etc…

このようにまず最初の段階から全て思いつくことをタスクとして書きだしてしまいます。やらなくてもいいです。

タスクをこなすうちに必要なかった・必要なくなったと言うことは凄く多いのでそこは気にせず思いついたことは一旦全てタスクにしましょう。
あとは、やれる時にそのタスクを見ながら行動するだけです。

 

ストックに便利なiPhoneアプリ

私が実際に利用している、簡単にサクッとEvernoteにアイデアをストックできるアプリを紹介します。(iPhone使いなんでAndroidの皆さんすいません)

Tap2Ever – Evernoteのノート作成をさらに手軽に App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥170

Tap2ever

アイデアをストックするのに特化したiPhoneAppです。管理も出来るので非常に便利です。

 

FastEver – 素早く簡単にEvernoteにメモ App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥170

Fastever

Evernoteに速攻でアイデアを保存するのに適しています。じっくり入力する時間がない時はキーワードを打ち込んでサクッと送れます。

 

FastEver Snap App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥170

Fasteversnap

写真等を速攻でEverNoteに保存することが出来ます。

 

折角の思いつきも忘れてしまっては勿体無いですよね。私は忘れることを前提にこのようにEverNoteを使ってまず全てをストックするようにしています。参考になれば是非活用してみて下さい。

Return Top