仕事効率化

メモをとる習慣をつければストレスが軽減される

SPONSORED LINK

Memo

普段メモを取るという行動においてどんなケースが想像できますか?大体の方が電話の応対を思い浮かべると思います。
こういったメモを取るという行動を、様々な事に用いれば仕事・生活をしていく上でストレスを軽減させる事ができます。


気になるから覚えておこうとする行為はストレスを招く

仕事や遊びに集中できない原因の一つに頭の隅で何かが気になっている状況だと思います。
例えば家族で遊んでいる時に「昨日の部長の指示の為にAとBを調べなくては」こんな覚えておかなければいけない事があったらどうでしょう。

気になって遊びに集中できませんよね。

しかし家を出る前に「部長の指示の為にAとBを調べる」というメモを机に残しておけばどうでしょう。

当然家族と遊んでいる時にそのタスクをこなすことは出来ません。そしてタスク実行の鍵は机の上にあります。
そう、何も覚えておく必要はなくなるわけですね。

 

思いつき・読書時ほかあらゆる時にメモを活用

アイデアが急に頭に浮かぶ時って机の前じゃない場合が多くありませんか?また読書中・TVを見ている時はよくアイデアが浮かびやすいと思います。

この何かをしている時に思い浮かんだアイデア、頭の中に置きながら読書・TV視聴を続けるのは内容が頭に入ってこずストレスの原因に

こういう思いつきは直ぐにメモを取ります。フレーズ・キーワードだけでもいいですよね。

そうすることで、アイデアが浮かぶ前と同じ状態で楽しめると言うわけです。

 

メモを取る習慣=メモを携帯する習慣

メモを取る習慣というのは必然的にメモを携帯する習慣という事になります。100円ショップで売られている片手で収まるノートでも何でもいいですよね。そこに頭の中に浮かんだら即書き込むようにします。

また最近は非常に便利になったと思えるのがスマートフォンです。

基本的に電話なので常に携帯していますよね。この常に携帯する習慣が既にあるというのが非常に大切。あとはメモを書くためのツールの使い方を覚えたり、実行していくだけですよね。

アプリも充実しているのですが、iPhoneユーザーの方で即効性を考えると

FastEver – 素早く簡単にEvernoteにメモ App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥170

手書き派の方なら

FastFinga App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥200

こちらがサッとメモをとって保存しておけるアプリだと思います。
こういったガジェットを使うのも今風ですよね。

 

あとがき

このメモを取る習慣というのはGTDに精通するものがあると思います。ようは頭の中に置いておかなければストレスの元がなくなります。
そのメモの情報は後で必要なものだけを残して整理すればいいわけですね。

こういったGTDで言うところの「収集」の部分をメモ・スマホを使ってこなしていけばストレスも軽減され集中力も高まることと思います。

今回の「メモをとる習慣をつければストレスが軽減される」はいかがでしたでしょうか?もしこの記事があなたのお役に立ちましたらお友達にシェアしてあげて下さいね。

Return Top