仕事効率化

自宅のデッドスペースを活用してミニオフィスにしてみた

SPONSORED LINK

Office

先日自宅を模様替えした際に部屋にあった畳一畳程度のデッドスペースへデスクを移動してみたらやけにしっくりきたのでご紹介してみようと思います。

Office01

スペースにはもうデスクと私が入るといっぱいいっぱいで、実際は畳一畳もないんですね。一畳の80%分くらいかと思います。

デスクにはMacBookAirとディスプレイ、アームを伸ばしてiPadを配置してみたところ、これがめちゃくちゃハマってしまいました!

Office02

奥にiPadがせり出しているのがわかりますかね?

アップで

Office03

実はこれ使わなくなった車載用のiPadスタンドなんですが、横に置いてあるホームセンターで売ってるラックにかませてみたところバッチリ!

そのまま充電もできますし、TwitterやFacebookはiPadで見ればいいのでMacからはアプリを削除しました。

宙に浮いてて打ちにくいかと思ったりもしましたが、結構不便なく使ってます。

これで仕事中にYoutubeやPodCastを流してもMacは重くならないので最高です。

因みにこのiPadを固定している車載用のラックですが、確か3000円程度のものだったと思います。隣のラックなどかませる所がある方は是非このように配置することをオススメします。

上手くとは言いませんが、自分としてはなかなかデッドスペースを有効活用できたと思います。アイデア次第で自分のスペースが持てるのはいいですね♪

今回の「自宅のデッドスペースを活用してミニオフィスにしてみた」はいかがでしたでしょうか?もしこの記事があなたのお役に立ちましたらお友達にシェアしてあげて下さいね。

Return Top